Home > アーカイブ > 2010-03

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

2010-03

枝垂は咲いたかソメイヨシノは・・・” weeping cherries “

  • 2010-03-31 (水)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

<東大の枝垂れ桜は今が満開です>
<weeping cherries are in full now!>

心躍る桜の季節がまたやってきましたね。
ここのところの「花冷え」ならぬもはや「底冷え」
でソメイヨシノのほうは「え?咲くの?どうするの?」
状態のご様子。

The exciting Cherry blossom season has come again.
Someiyoshino ( a kind of the most famous cherry blossom trees)
are not in full bloom yet because it has been a really cold recently.
But Weeping cherries are now their best !

<今年の東大キャンパスの枝垂れ桜>
<This year’s weeping cherries at Tokyo University campus>

近所の東大駒場キャンパスへ桜見散歩へ行きました。
一足早く咲く枝垂れ桜は週末満開になってました。

I went to neighborhood Tokyo University campus
to see cherry trees.

いよいよ今週末くらいにはソメイヨシノも満開ですね。


<こちらは2年前の京都御所の枝垂れ桜>
<weeping cherries at Kyoto Gosho (2years ago)>

<そしてもひとつおまけに美しい2年前の京都御所の枝垂桜>
<and more…weeping cherries at Kyoto gosho 2yeas ago >

美しい!
It’s beautiful!

お気に入りのアートに会える店 木村英輝氏編

  • 2010-03-17 (水)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H


木村英輝氏の壁画

前回のナタリー・レテに続いてもう一つ発見したお気に入り
の壁画に会える店をご紹介。
This time, I’d like to introduce the wall painting of the other
my favorite artist. His art works are dynamic ,vivid and
alive.

こちらは去年の10月に京都旅行した時に青蓮院の襖絵で出会い
衝撃を受けた木村英輝氏の作品。
His name is Hideki Kimura.
I first knew about him, when I visited the temple “Shoren-in”
in Kyoto last October.

(こちらをずずいーっとスクロールしてゆくと襖絵がみれます)
( You can see his picture if you scroll down the screen )
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2009/10/09/779/

先日、友人とミッドタウンのサントリー美術館の展示を観に出かけ
ました。その時ミッドタウン内をウィンドウショッピングしてる時に
ぱっと目に入ってきました。このインパクトは見まごう事なき
木村英輝氏の作品。

Hideki Kimura is working in Kyoto mainly.
So it’s rare that his wall painting can been seen in Tokyo.

みつけたお店は老舗履物メーカー菱谷のプライベートブランドショップ
「カレンブロッソ」
We can see his work at the shop “calenblosso” in Tokyo Midtown in Roppongi.

http://www.calenblosso.jp/

ここのウィンドウに木村英輝氏のシマウマの絵を発見!サインの日付をみると
2009.12.24とあります。確かにサントリー美術館にはよく来る私ですが、
以前は絶対なかったのです。描いてる所をみてみたかった。
京都では大人気の壁画師の木村氏ですが、東京で実物作品を見られる
のは極めてレアです。木村氏の壁画があるだけでお店の好感度がかなり
アップした私でした。洋服にもばっちりあいそうな草履もかわいかったので
裸足の季節になったらもう一度チェックしに行きたいです。

miselable inks

  • 2010-03-12 (金)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

これが銅版画インクの特性から来るものなのか何なのか。
たとえフランス製であろうと日本製であろうと、銅版画インクは
すぐにボディ崩壊を起こします。そしていつもラップでぐるぐる巻き
になるインク・・。

Even if those are made in Japan or France,
etching inks turn into miserable shapes soon.
I have to tie up a wound with plastic wrap always….

お気に入りのアートに会える店 ナタリー・レテ編

  • 2010-03-04 (木)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H


<ナタリー・レテの壁画があるお店>
<the shop that has Nathalie Lete’s wall painting, at Harajuku, Tokyo>

ここ最近で二つもお気に入りの作家の本物の壁画を見られる
お店をみつけてしまいました。

Recently, I found two shops which in I can see my
favorite artists’ wall painting.
First, I introduce one of them today.

まず今日はその内の一つをご紹介。
それは工房の近くのキャットストリートにあります。
キャットストリートにはかわいいお店がいくつも点在しています。
歩いて渋谷駅に行く時はよく通る道なのですが、大抵は
その手前で近道に入ってしまうのでその出来事と壁画を見落としていたのです。
先週たまたま通りかかって発見しました。
ショウウインドウからナタリー・レテの壁画が見れるかわいいおみせ。

The shop is a 2-minute walk from my studio on “the cat street”.
***about cat street History
The path that Cat Street now follows used to be a river or
stream bed. Legend has it that the street got its nickname
from the fact that a lot of cats used to wander around the
street. The official name of Cat Stree is Kyu Shibuya-gawa
Promenade (sometimes shortened to Yuhodo by locals). ***

When I go to the studio, sometime I go through
this street. Now we can see Nathalie Lete’s wall painting
in the shop “Usagi pour toi”.
Nathalie Lete is my favorite artist for years.
I knew about her in her exhibition at Tokyo a few years ago.

「usagi pour toi」 (ウサギ・プゥ・トワ)
http://www.hpfrance.com/Shop/Brand/Usagi_pour_toi.html

トップの写真を観てもお分かりのように目に入るナタリー・レテ
の壁画とパリ〜な雰囲気の店内にひかれます。

実はこのお店、去年の夏にベルギーから帰国した友人を原宿案内した
ときに訪れているのですが、その時はこの絵ありませんでした。
それでチェックしてみた所、このペインティングは去年の11月に
なされたようです。そんなことは全く知らなかった私でしたが、
もし知ってたら工房からは2分位の距離、絶対駆けつけて凝視していた
ことでしょう。あぁ残念です。遠回りの方が三文の徳だったかも。
でも幸いな事にその時の模様が彼女のブログに動画でアップされ
てました。彼女のキュートなコメント(翻訳あり)つき。

She did this art performance in last November.
Unfortunately, I didn’t know that. If I knew, I would
run to there to see the show.
But fortunately, we can watch that performance on the video.↓

Nathalie Lete Art Performance

そしてこちらがナタリー・レテのウェブサイト。
ここの「ニュース」のところでも動画はみれます。
And we can also watch the video on Nathalie Lete website’s “News”.

http://www.nathalie-lete.com/index.php

私が彼女を知ったのはこれより何年も前、日本で彼女が個展を
開いているのを雑誌でしり、その作品に惹かれて、工房の友人達
と展覧会を観に行ったのがきっかけでした。
彼女の絵はポップで、おしゃれで、見る人を華やいだ気分にさせて
くれます。日本では人気が高いようで、どうやらたびたび来日
している模様です。(動画のコメントに日本語がつけられてることも
人気が高い裏付けですね。)
キャットストリートにあるusagi pour toiもナタリーが手がけるアートを
中心とした雑貨を扱いつつ各国の雑貨を扱う魅惑のお店です。

Nathalie Lete seems Popular in Japan, so we can find
her products, art works and art books at an unexpected
place.

Home > アーカイブ > 2010-03

検索
フィード
メタ情報

Return to page top