Home > アーカイブ > 2008-09-08

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

2008-09-08

雷神

  • 2008-09-08 (月)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

image682.jpg

今日の夕方雲は綿菓子のようでした。
まだ大気が不安定なのかあっちでもこっちでも
次から次へと煙のようにわいてました。
案の定ついさっき通り雨が渋谷界隈降りました。

image688.jpg
image686.jpg

ほんとうに雷の多い夏でしたね。
なんだか慣れました。こうも毎日雷か大雨だと
なんだかもう雷がならないとちょっと物足りなくさえ思えます。
不謹慎ながら「ゴロゴロ」っとくると内心「来たっ」と思って
いる自分がいるのでした。

image685.jpg

実は小心者なので外を歩いている時は怖いのです。
ですが家の中にいようものなら、わざわざ電気を消して
じーっと稲光をみてたりします。

でもこの夏の雷や豪雨はちょっと例年と質がちがいましたね。
やはり日本はもう亜熱帯エリアなのでしょうか。
雷の写真を載せてるサイトを見つけました。
どれも神々しさを感じます。
http://rolandvb.topcities.com/Weather/weather.html>

image690.jpg
<俵屋宗達の「雷神」>

雷と言えば雷神様です。
この夏くらいの激しい雷だと、本当に俵屋宗達の描いた
「雷神」様が空にいそうです。
この雷神が描かれた、
今よりもっと闇が深く、避雷針などない時代に生きていた
人々にとっては雷は本当に恐ろしいものだったことでしょう。

雷神様の民間伝承について調べてみました。

どうやらかつて人々の間では菅原道真が死して天神(雷の神)
になったと伝えられていたそうです。民間伝承では惧れと親しみを
こめて雷神を「雷さま」と呼ぶことが多いのだとか。
面白いのは雷さまから逃れるための方法です。「蚊帳に逃げ込む」
というのはありそうですが、もう一つ。
「桑原(くわばら)ととなえる」
これは菅原道真の亡霊が雷さまとなり、都に被害をもたらしたが、
道真の領地の桑原には雷が落ちなかったと言う伝承から由来
したのだそうです。

へー(古)しらなかったです。
「くわばらくわばら」この言葉、これって恐ろしい災いに去って
もらいたい時の呪文のような言葉だとばかり思ってました。
でももしかしてこの言葉って雷様にしか通用しないってこと?
どうしよう・・・・「くわばらくわばら」とか。

お知らせ***
工房の友人のオバタクミさんが銀座でグループ展をやっているので
伺いました。新作の中の一点が結構キュートでツボでした。
詳細はオバタさんのHPにのってます。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/k-s_factory/news/news02Frame.html>

Home > アーカイブ > 2008-09-08

検索
フィード
メタ情報

Return to page top