Home > Blog > farewell

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

farewell

  • 2011-10-22 (土) 0:45
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H


<Lucky>

以前、このブログの「猫の話」で実家の猫のことを
紹介したことがあります。

I’ve writen about my family home cat Lucky on my blog before.

大学で生まれ学校野良猫として育てらてたこの猫は、
いきさつあってラッキーと名付けられ、
私の実家で飼われるようになりました。
(そのいきさつについては「猫の話」の時にふれてあります)
寂しい思いをして育ったからか、すごく甘えん坊で
優しいとても性格のいいかわいい猫でした。

He was born in the university, and grew up an university
stray cat. When the university decided that they were
not going to keep this stray cat in there, one of
gradates carried him to her home. She who started working
was so busy, and had been coming home late almost
every night. She lived in my family home’s neighborhood.
Maybe the cat had felt lonesome always. Before long the cat
started to appear on our garden. First, my mom thought
that he was an abandoned cat. So she named him “Lucky”
and decided to keep our house. After a while, my mom knew that
the real owner was looking for Lucky. She went owner house
return Lucky, but, no matter how many times mom went return
Lucky, he came back each time. Finally, an original owner said,
” Please keep him. I feel maybe he wants to live here genuinely.”
After that, Lucky became our cat formally.
Vet said ”Lucky is perhaps 3 years old now.” first time.
He was so lovely and had a gentle character.
So he always melted our heart.

9月、ラッキーは突然天国に旅立ってしまいました。まだ10歳でした。
もともと心臓に病気があったのでした。
亡くなるまでの2週間くらいの間、ラッキーは母の横に
きては寄り添い、その手をなめていたそうです。
いつもはそんなことをしたことなかったのにと、母は言ってました。
もしかしたら、お別れを言ってたのかもしれないです。
その名の通り家族に沢山の幸せを運んで来てくれました。
良い思い出をいっぱいありがとうラッキー。

In September, Lucky has gone to heaven suddenly. He was only 10 years old.
He was born with a weak heart.
For two weeks before passing away, He always cuddled up to my mom,
and continued to lick mom’s hand with his tongue.
It was unusual for him, mom said.
Maybe he wanted to say goodbyes.

Lucky as his name suggests had brought us a lot of happiness.
Thank you for a lot of good memories, Lucky.

コメント:8

猫ママ 11-10-22 (土) 21:56

心臓病ですか?

とっても可愛いですね。
特にお目目が!

実は家の次女が心臓病で約3歳で亡くなりました。
とても辛くて苦しい闘病生活でした。
最後も苦しんで苦しんで・・・
いつもいつも私にひっそりくっついていた子でした。

ラッキーだったのはご家族だったのかも??

私も幸せな数年でした。
ラッキーちゃん家の子と会っているかも??

Yoko.H 11-10-23 (日) 1:39

<猫ママさん
もともと心臓肥大だったのです。血栓ができてそれが心臓に行ってしまい
亡くなってしまいました。なので直前までいつも通り普通に元気にしてました。
母のそばで添い寝してた時だったので、母がちょっとショックを受けてます。
猫ママさんの次女の子は苦しまれたとのこと、かわいそうでしたね・・・・。
獣医さんが、慰めもあるのでしょうが、大往生だと思ってあげて下さいと
おっしゃったそうです。もともと心臓病がある子はやはり弱いのかもしれないですね。
本当に家族特に一緒に住んでた両親にとっては幸運を運んだ猫だったと思います。
猫ママさんのところの子と一緒に遊んでるといいな。

mariboo 11-10-24 (月) 14:01

動物はかわいいけど死ぬときが辛いですね。我が家には動物がいませんが、最近どこからやって来るのか、白ネコちゃんが
毎日のように遊びに来ます。勝手に「ミルクちゃん」と名づけました。(笑)この前、主人が庭仕事をしている間庭側のドアを少し
だけ開けて私は1時間程外出しました。帰ってみると外にいるはずのミルクちゃんが「遅かったニャー」と言わんばかりに私を
迎えてくれたのでした、、、。野良猫ではなさそうですが、とにかくかわいくて人懐っこくて「ニャー」と遊びに来ると思わず嬉しく
なってしまいます。本宅はいったいどこなんだろう、、、と思いながら、まるで我が家のネコのようにかわいがっています。犬派の
私ですが、ネコちゃんがこんなにも可愛いとは、、、。

Yoko.H 11-10-24 (月) 14:15

<maribooさん
ミルクちゃん!かわいい名前。なんか現れ方がラッキーと一緒な感じです。
最初は人なつこすぎるからどこかの家の猫かな・・というところから、あまりにも毎日、
そしてずっといる・・(時々消える程度)→これは捨て猫ではないだろうか。
と言う感じになって行ったのでした。私も実は実家で(ラッキーで3代目だけど)
猫を飼うまでは猫が苦手でした。ところが飼い始めたとたん、すぐメロメロに・・・
人の心理とは不思議なものですよね。ミルクちゃんの今後の成り行きが楽しみです。

sakurasnow 11-10-24 (月) 15:48

A beautiful and moving tribute to a beautiful cat (He has such charming, expressive eyes!)
I would have liked very much to have met him – it would’ve been a great honour.
RIP Lucky ^-^

Yoko.H 11-10-26 (水) 11:19

Hi Sakurasnow, Thank you for your kind words. Actually, he was an angel for our family.
I’d like console my mom in her sorrow, because she was close to Lucky always.

Makiris 11-11-25 (金) 22:37

Yokoさん、初めまして。ある方が、私がネコ好きということを知って、こちらを紹介してくれました。ネコアレルギーの方です(笑)

ラッキーはとてもきれいな瞳をしていますね!お家の中ですっかり安心してくつろいでる写真ばかり。とっても幸せだったんだろうなあと思います。お母様は、今までラッキーがいた空間を見るたびに悲しんでいることでしょう。私も何匹ものネコたちを見送っているのでお察しいたします。

「猫の話」も拝読しました。ラッキーは選んで、Yokoさんのご実家に住みついたのですね。いったんは戻されたものの、またお庭にやってきたら迎え入れてもらえて、どんなにうれしかったことでしょう。今、私の家には2匹のトラ猫がいます。保健所で処分されそうになっていた子猫をボランティアさんが引き取った4兄弟のうちの2匹です。3歳4ヶ月ぐらい。今は丸々と太って、家を荒らしまわっていますが、やっぱり猫はかわいいです!

ラッキー、天国でしあわせにね。 RIP, Lucky.

Yoko.H 11-11-27 (日) 22:16

Makirisさん
初めまして、コメントありがとうございます。ネコがお好きな方に気付いていただけるとは光栄です。
私の実家とネコの関係は本当に不思議です。なぜか代々捨て猫が現れるという・・・。
きっとネコ界ではここの家にいけば飼ってもらえるという地図でもあるんでしょうか。(笑)
Makirisさんのお宅もきっとネコ界の地図にのってますね。幸せに暮らしているのだろうなと目に浮かびます。
ネコとの暮らしはいやされますよね。ラッキーへの言葉もありがとうございました。
紹介して下さったご友人の方にも宜しくお伝え下さいませ。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2011/10/22/2087/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
farewell from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > farewell

検索
フィード
メタ情報

Return to page top