Home > Blog > 冬と春の狭間で – between the Winter and the Spring

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

冬と春の狭間で – between the Winter and the Spring

  • 2011-03-07 (月) 12:57
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H


<伊藤若冲の雪中錦鶏図>
<Jakuchu-Ito’s art work>

今日は朝から雪が降っていますね。
It’s been snowing since morning today.

春と冬の狭間らしく、ここのところはものすごく冷え込む日
と春めいた日が混ざり合ってる感じですね。でもまだ寒い日
80%って感じですが。それでも光の明るさや鳥の鳴き声は
日々の春の訪れの気配を感じさせてくれてます。

Now the season exactly is between the Winter and Spring.
Most days are still so cold, however I can find the sigh of
the Spring from place to place.

寒いのが嫌いな割に雪が降ると一気にテンションが高まる私。
どうかこのままつもるといいな・・と世の中の迷惑も顧みず
念じたりしてます。でも湿気を含んだ都会の雪は積もっては
すぐ消えて行く思わせぶりな雪ばかり。
雪景色を激写しにカメラ片手に一人旅(といっても都内)なんて
目論みもなかなかかなう感じじゃないです。


<春を告げる梅は満開です>
<Japanese plums which marks the coming of Spring are in full bloom now >

寒い中でも春化はぐんぐん進んでいて、この時期は梅の美しさ
に目をとめています。
Especially, Ume (Japanese plum) is beautiful at this time.


<可憐な梅の花>
<pretty Japanese plum flowers>

私は前々から梅の木のフォルムが好きです。花が、といより
あの枝振りがすぐれたデザインをしているのです。
I like the shape of Japanese plum tree.

<梅の枝振りのデザインは秀逸です>
<I think the brunches design of Japanese Plum is superb.>

古来からの絵師のこころをくすぐる気持ちがよくわかります。
So, I deeply understand that Japanese Plum “Ume”
have grabbed ancient painters heart.


<歌川広重の「亀戸梅屋敷」>
<Hiroshige Utagawa “Kameido Ume yashiki”> 


<鈴木春信の「夜の梅」>
<Harunobu Suzuki “yoru no Ume”>


<伊藤若冲 「雪梅雄鶏図」>
<Jakuchu Ito “setubai yukeizu”>


<狩野山雪 「老梅図」>
<Sansetsu Kano “robaizu” meaning old plum >

太い幹の大胆な太い筆でガガっと描いたような枝振りと
細い枝の繊細な雨のすじの様な枝振りが絶妙にからみあった
感じがなんとも言えません。花は枝のフォルムを生かすように
「隠すなんてとんでもない」と言うそそとした感じで咲いて
います。絶妙なバランス。
梅ばかりは日本家屋が一番似合うとおもいます。


<日本家屋とベストマッチです>
<I think that Japanese house and Ume are the best match.>

制作への思いより時間の進み方がはやい今日この頃。
工房の開いている時間とやれる作業は限られているので
最近は睡眠時間をへらすことで新たな時間を捻出しています。
なんて書くとかっこいいのですが、
「春眠暁を覚えず」睡魔が私のやる気を凌駕するんです〜。
Time is passing faster than my working plan.
Recently, I’m thinking I should cut out sleeping.
However….”In spring one sleeps a sleep that knows no dawn.”
Sleepiness outstrips Willingness….

さて、今日の雪「つもらない」と天気予報は言ってたけれど、
だんだん窓の外は白くなる・・工房はお休み、絵を描くべき
だよ、カメラ片手に出かけている場合じゃないよ。
でもこれが最後のチャンスかもよ〜。と天使と悪魔がうしろで
ささやいてます。
しかし写真などをアップする作業をしているうち雪は小降り
になってきました・・。
午後は机に向かって制作に励みます!天使の勝ち!

I love snow landscape, so if there is much snow on the ground,
I threw down my artist’s material and might go out to take some
snow picture with my camera.
Devil said me “let’s go out together! Snow is so beautiful!”
Angel said me “No, you should stay at home and do what must be done!”
Devil or Angel…..
Eventually, While I wrote this blog, the snow changed to rain.
Angel won.

今年は激写できなかったので、2008年の大雪の時の明治神宮の写真を1枚どうぞ。
Finally, I couldn’t take some snow picture this year (maybe),
I attached a snow Meiji shrine photo in 2008.

コメント:3

suzanne 11-03-10 (木) 2:01

The Japanese plum is indeed very beautiful (and that’s a lovely selection of artworks featuring Japanese plum blossoms that you’ve included).
Hope you’re still winning the battle between the Devil and the Angel 🙂 and that you’re making good progress with your work!
sx

suzanne 11-03-10 (木) 2:02

(Yay, I can comment on your blog again! Thanks to your friend for ‘fixing’ it :))

Yoko.H 11-03-11 (金) 11:01

Hi Suzanne,
Yay! You could put on comment finally!! Welcome again 🙂
Ultimately, He and I couldn’t find a reason. So I was happy to get your comment.

Don’t worry, Angel keeps winning.
It’s still so cold outside, but it’s a bright and sunny days recently.
I think I have to give up to stamp snow this winter.

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2011/03/07/1619/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
冬と春の狭間で – between the Winter and the Spring from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > 冬と春の狭間で – between the Winter and the Spring

検索
フィード
メタ情報

Return to page top