Home > Blog > 個展が終わりました

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

個展が終わりました

  • 2008-11-25 (火) 10:19
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H


<ギャラリーの外観>

先週の土曜日、個展が無事終了致しました。
たくさんの方に会場に足をお運びいただきまして
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。


<中から外をみるとこんな感じです>

毎回そうなのですが、個展前の制作や作業を限界まで
頑張ってぎりぎりまで根を詰めてしまうので、個展の
オープニング頃はいつも一番ボロボロな状態になります。
そして毎回言われる久しぶりに会う友人の言葉
「大丈夫〜?やつれたね・・」
今回も何人に言われた事か・・・。


<入り口入ってすぐの最初の一枚>

銅版画というのは薬品やら黒二スやらガソリンやら
決して体にいいとは言えない物を使って制作して
ゆくのでおそらく単なる蓄積疲労以外にも体が
へろへろになってしまうのではないかと思われます。
でもそうやって必死になってぎりぎりまで作った
最後の作品について何人かの方が「とても良い」と
言ってくれたのでやはりがんばり通してよかったと
痛感したのでした。


<入って右側の壁>

ギャラリーハウスマヤさんの近辺はデザイン事務所が
多くあります。そのせいか今回の特色としては
ふらっと通りがけに入られてくるクリエイターの方が
とても多かったように思います。
他にも前回の銀座に引き続きわざわざ遠方からいらして
作品を見に来て下さったり、購入してくださったり、
ネットや新聞やDMをみて来て下さったり、
いつも私を見守って下さっている友人知人の方々が
いらして下さったり、本当に皆様のお陰で日々充実し
感謝の気持ちで過ごす事が出来ました。


<今回はカラフルな作品がならびました>

色々な方から作品にたいしての感想をもらうことで
私自身もあらたな発見あったりします。
また額に入れて並べる事で客観的な視点で作品を見る事も
できます。そう言う意味でも個展をやることはとても
重要な事だと改めて思いました。
また気持ちを新たに、もっともっと良い作品を作る事が
できるよう邁進してゆきたいなぁと思います。


<入って左側の壁>

最後に、今回たくさんサポートしてくださいました
ギャラリーハウスマヤの皆様!本当にありがとうございました。
おかげさまで良い個展になりました。

コメント:1

****** 17-02-11 (土) 16:48
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2008/11/25/386/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
個展が終わりました from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > 個展が終わりました

検索
フィード
メタ情報

Return to page top