Home > Blog > PAULのパン

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

PAULのパン

  • 2007-01-15 (月) 11:12
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

image107.jpg
私はどちらかとういと白いご飯食べなくても大丈夫だけれど
パンは一日一回は絶対食べたいくらいのパン好きです。

それだけにおいしいパンにはかなり敏感です。
PAUL(ポール)のパンとの初めての出会いはパリにてでした。
たまたま泊まっていたホテルの近くにそのパン屋さんはありま
した。
1週間同じホテル滞在だったので気分を変えて朝食をという
ことで近所を散歩してた時にみつけたのです。一階はいかにも
パリの老舗パン屋さんという感じで木の黒い窓枠の中に釜から
出したばかりという感じの重厚そうなパンやバケット、クロワッ
サンがならびショウウィンドウにはカラフルなマカロンが飾られ
てました。二階はそのままサロンカフェになっているようで、
通りの窓からオシャレにカフェオレなんかを飲んでるマダ〜ム
などが見えたりするのでした。これぞパン好きにはたまらない
シチュエーション、パン好きの極み、パンが好きで良かった。
パン萌え、パン万歳です。

吸い寄せられるようにそのままPAULに入り店内偵察開始です。
入るや否やお店中に広がる焼きたてパンのおいしい匂いがします。
東京のパン屋さんにありがちな甘ったるい匂いではなく香ばしく
焼き上がった小麦のハードな匂いや、上質なバターで焼き上げた
クロワッサンの匂いでお店は満ちているのでした。
店内ショウケースの後ろにはもう200年くらいはそこにあるの
では?とおぼしき焼き釜が重々しく鎮座してます。
雰囲気にすでにやられてしまい、もうくらくらです。せっかく
なので「2階のカフェで朝食を」ということになり、階段を
あがったそこはカジュアルながらもちょっとしたサロンのよう
になっていて黒い木枠の窓の外には唐草を模した低い鉄柵、さらに
その向こうにはパリの朝の街並が見えるのでした。部屋の壁には
古い銅版画があちこちにかかっていて、中にはパンの製法などを
版画にしてる図版の様な絵もかかっていました。
二階の部屋ではその調度品や壁に長年しみこんでいるだろう
カフェオレの香りが・・・
これだけで食べる前から、星三つくらいつけてしまいそうな
感じです。

メニューには私好みのシンプルなセットが並びます。
定番王道のクロワッサンとカフェオレ(または他飲み物)
フィセル(ちょっと記憶が不確かです)というほそーい短い
バケットにジャムとバターをはさんでいただくサンドと飲み物
もう少しボリュームのあるセットもありました。
(確かオムレツなどがついていた様な・・・)
私はフィセルとカフェオレを注文したのですが、パンそのものの
味が本当に噛み締める程美味しくて、日本で食べてるそれと何が
違うのか・・小麦か水か、それともこの雰囲気のせい?パン職人
の秘技の成せる技?とにもかくにも、いままでのパン人生って一体・・・という至福の味でした。
カフェオレも素晴らしくてその2階のサロンに今すぐ住みたい
くらいの、パリ好き指数倍増(それだけで)の素敵なパン屋さん
でした。

お土産には紙の箱に無造作に詰め込まれたマカロンを買って帰り
ましたがこれがまた甘すぎず、東京でいただいくマカロンとは
やっぱりどうしてもちがう。シンプルな包装のところがまた
よかったです。

あとで調べたのですが、PAULのパンはコントレックスのお水を
使って全て練ってるそうです。小麦も全て契約農家のを使用して
るのだとか。

その後うれしいことに、日本にもPAULどんどん上陸してますよね。
まだ「近所」と言える所になくってそれが寂しかったのですが、
ちょっと前に品川駅構内の「エキュテ」内にできてる事を知り、
喜びが再び。あそこなら改札出ずに買えるし、まぁまぁ家から
買いに行ける圏内なので。お店の雰囲気はパリのそれには遠く及
ばないもののこの週末買ってきたバケットと黒オリーブのパンは
やっぱりおいしかったです。
日本のPAULもコントレックス使ってるのかなぁ・・・そうだと
信じたいです。

本店のHPはこんな感じ。やっぱり素敵です。
ここに日本での支店ものってます。結構たくさんありました。
http://www.paul.fr/

そして行ってみたいのが丸の内にできたお食事もできる「PAUL」
オムレツもキッシュもあるし、さすがワインもありますよ!
そしてどうやらマカロンも置いているみたい。品川や二子玉川で
チェックしたときはたまたまなのか置いてなかったのに。
ここ、ぜひ行ってみたいです・・・
どなたか私と行って一緒にワインのみませんか?
あれワインになってる(笑)

http://r.gnavi.co.jp/a077202/

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2007/01/15/48/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
PAULのパン from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > PAULのパン

検索
フィード
メタ情報

Return to page top