Home > Blog > Amsterdam↔Tokyo note project (8) part2 from my page

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

Amsterdam↔Tokyo note project (8) part2 from my page

  • 2019-01-11 (金) 13:09
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

オランダ在住のアーティスト、スザンヌ・ノリスさんとのMUJIノート交換日記
プロジェクトの8回目のレポート、part2です。
The 8th report PART2, Amsterdam↔Tokyo notebook project with my artist friend Suzanne Norrise living in Amsterdam.

part1に引き続き、私のページpart2をアップします。
I will introduce my page in part 2 this time.

<こちらはスザンヌの前のページ This is previous Suzanne’s page>

スザンヌと私は二冊のノートを交換しています。
締め切りもルールもないのでそれぞれが好きな時に好きなものを描いて送っています。

Suzanne and I are exchanging 2 sketchbooks.
We create anything we like on our each at any time, because there is “No Rule” and “No Pressure”.

このプロジェクトの経緯についてはこちらに詳しく載っています。
Here’s our project background.

Amsterdam↔Tokyo note project (2)


<ノート右ページより The right side on my page>


<ノート左ページより The left side on my page>

スザンヌは昨年11月に大切な家族である猫Giraを亡くしました。Giraはロシアンブルーの美しい猫で、凛々しくてハンサム。実際はスザンヌを見守るナイトだったけど、凛としたその姿はまるで王様のようでした。
そのニュースを聞いた時、スザンヌの悲しみが痛いほど感じられてどう言葉をかけていいか分かりませんでした。

Suzanne has lost her dear cat Gira last November. He was a Russian blue beautiful handsome cat, and always dignified. Actually, Gira was a knight protecting Suzanne though, he looked like a elegant King. When I heard that sad news, I didn’t know what to say to her because I understood it’s a deep sorrow and pain which I couldn’t imagine how hard it was for her.

私は2人の姿を絵日記のページに描きたいなと思いました。でもすぐじゃない方が良いなとも思いました。
多忙だったこともあり、5月に入り下絵をノートに写しました。

I felt that I want to draw about Gira and Suzanne on next my page. But I also felt I shouldn’t do it soon. After that I’ve been busy for a while, so I transferred outline sketch on the notebook in earlier May.

すぐに取り掛かる予定が、私の事情で突然しばらくの間、私自身の絵関係の仕事が全くできない状況になってしまいました。
そんな日々の中、スザンヌが新しい猫の家族を迎えた事を知ったのです。
Giraの生まれ変わりのような美しい子猫Graysonでした。すぐ様、私はノートに写した下絵のページに子猫を加えました。

However, suddenly I couldn’t do any my own work for my own issues about for 2 and a half month.
On of these days, I knew that Suzanne had a new sweet kitten for her family.
He is a beautiful kitten, Grayson as if Gira was born again.
Immediately, I added to draw this lovely cat in traced outline on my page.

7月に入って漸くノートに取りかかる時間ができました。スザンヌと2匹の猫の下絵をみて、全てのピースが揃ったようなそんな感覚になりました。
5月に取り掛かっていたら加えられなかったGrayson。
私の方の事情があったとはいえ、「Graysonも一緒に描いて」とGiraが思ってたのではないかなと感じてしまいました。

in early July, finally I was able to have the time to go on notebook project. When I saw Suzanne and 2 her cats, I felt that this is the perfect shape for this painting.
If I was able to start in May, I couldn’t add Grayson….
I know it was my family reasons but at the same time, I feel that maybe…Gira hoped to draw Grayson on this page together.

スザンヌを見守り続けるGira、抱きつくスザンヌ。そして足元には安心して眠る幼いGrayson。
ずっと一緒の3人。
今回はそんなページになりました。

Gira is warmly protecting Suzanne as a guardian angel forever, Suzanne is hugging him, and Grayson is sleeping in peace under Suzanne’s feet. The Three are together eternally.
My page was complete like this.

前のページはスザンヌが描いた森を見守る大フクロウ。私は同じ星空を描き加えました。そしてこのフクロウ、私のページでもみんなを見守っています。左の端で、でもちょっと姿を変えてね。半分猫で半分フクロウです。


<スザンヌのフクロウに同じ星空を描きました I painted same starry sky with my page>

Suzanne painted a big mother owl who is watching out for forest safety on her previous page, and I added to paint on it same starry sky with my page. She is also witching everybody in my page, at edge of lower left, but she changes her shape a little. It’s a half owl and a half cat.

2ページ前の私のページに遡りましょう。右の端、木のうろの中の青い森に1匹の子猫がいます。振り向きながら不安そうに歩いています。
Let’s go 2 page back. it’s my page. Can you see a hollow tree on the right of the picture image?
I added a tiny blue kitten there. He looks back worriedly the way he came,


<グレイソンは私の前のページから歩き始めています Grayson started to walk from my previous page>

次のスザンヌのページのフクロウの瞳には前を向いて歩いてゆく子猫が写っています。
もう不安じゃありません。行き先は決まったのです。
and at next page Suzanne painted, we can see a tiny kitten reflected in the eye of the Mother owl.
He looks where he is going. He never feel uneasy, because he knows his destination!


<そしてスザンヌのフクロウの前を抜けて前へ前へ and he passes before Suzanne’s owl eyes…keep going!>

そしていまはスザンヌの足元で安心して眠っています。
今回、とても取り掛かるのに時間がかかってしまいましたが、きっとこのタイミングが良かったのだと思います。
And now, he is sleeping peacefully at Suzanne’s feet.
It takes a while to get to work this time. I’d like to believe that maybe this is better timing.


<子猫のグレイソン kitten Grayson>


<封筒の端に少しイラストを添えてオランダへと送りました I painted small illustration at the edge of the parcel >

今までのMUjinote交換絵日記ブログはこちらです
Previous Mujinote blogs as below

Amsterdam↔Tokyo note project (1)
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2013/11/06/2820/
Amsterdam↔Tokyo note project (3)
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2014/08/18/3178/
Amsterdam↔Tokyo note project (4)
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2015/02/05/3308/
Amsterdam↔Tokyo note project (5)
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2016/03/29/3550/
Amsterdam↔Tokyo note project (6) part1 from Suzanne’s page
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2016/08/30/3614/
Amsterdam↔Tokyo note project (6) part2 from my page
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2016/08/30/3651/
Amsterdam↔Tokyo note project (7) part1 from Suzanne’s page
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2017/03/27/3722/
Amsterdam↔Tokyo note project (7) part2 from my page
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2017/03/29/3742/

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2019/01/11/3899/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
Amsterdam↔Tokyo note project (8) part2 from my page from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > Amsterdam↔Tokyo note project (8) part2 from my page

検索
フィード
メタ情報

Return to page top