Home > Blog > Amsterdam↔Tokyo note project (7) part1 from Suzanne’s page

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

Amsterdam↔Tokyo note project (7) part1 from Suzanne’s page

  • 2017-03-27 (月) 18:21
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

mujinote7s08

オランダ在住のアーティスト、スザンヌ・ノリスさんとのMUJIノート交換日記
プロジェクトの7回目のレポート、part1です。
The 7th report PART1, Amsterdam↔Tokyo notebook project with Suzanne Norrise who is an artist and living in Amsterdam.

今回は二回に分けてまずはスザンヌのページをアップします。
I will introduce Suzanne page in part 1 first.

前回の私のページはフクロウが飛ぶ深い森でした。
My previous page was the deep forest owls are flying.
muji6yo09

果たして、スザンヌの次の空白のページには何が描かれているんでしょう。
いつもこの瞬間がワクワクして幸せでたまらない私です。
Well, What’s happening in Suzanne’s next blank page.
I always love this exciting moment that I turn next page!!

mujinote7s02

mujinote7s03

mujinote7s01

畳まれた紙を広げるとそこに現れたのは凛々しい目をしたフクロウでした。
アーティストでもありデザイナーでもあるスザンヌらしい作品です。
A sharp‐eyed heroic owl appeared there when I spread some scraps of papers.
This work is so Suzanne who is an artist and a designer.

mujinote7s05

mujinote7s06

スザンヌは私が描いた森の守護者を描きたかったと言っています。
本当はとてもフレンドリーなこのフクロウ(彼女とスザンヌは書いているので女性ですよ)の
頑固そうな風貌は、森とそこに生きるものたちを脅かすあらゆるものから守るという彼女の内面の強い意思の現れでなのです。

Suzanne wrote in her blog that she wanted to create a protector of the forest I made on previous page.
This regal-looking owl is actually quite friendly, flinty-eyed look manifests her strong resolve to protect the forest.
The following text is a quotation from Suzanne’s blog
“She looks rather flinty, but she’s really quite friendly. That’s just the outward manifestation of her resolute determination to protect all those that call the forest home from all those that would cut down, kill, consume & catalogue.”

mujinote7s07
<Photo by Suzanne Norris>

彼女の瞳は暗闇の中のどんな変化も見逃しません。
そう、スザンヌはフクロウの瞳に蛍光塗料を塗っていたのです。
私のカメラではその柔らかな光をとらえることができなかったので、
スザンヌが撮った写真をアップします(承諾は得てます)

The owl eyes grasps any ominous changes in the darkness.
Well, Suzanne painted fluorescent coating on her eyes.
My poor camera couldn’t catch up the glow light,
I shared this photo taken by Suzanne.

この美しいフクロウがノートブックの開いた1ページなんてちょっと信じられないですよね。
I can’t believe this beautiful owl’s pichture is A double pages of notebook!

そして今回のスザンヌのMUJInotebookのスザンヌのページのブログはこちら
Here’s Suzanne’s pages blog by Suzanne.
“Amsterdam/Tokyo (7 – part II)”
https://sakurasnow.wordpress.com/2017/02/18/amsterdamtokyo-7-part-ii/

*成り立ち紹介のブログ「Amsterdam↔Tokyo note project (2)」はこちら
I introduced about our exchange picture diary by MUJI notebook project in detail on my blog
“Amsterdam↔Tokyo note project (2)”
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2014/06/09/3086/

今までのMUjinote交換絵日記ブログはこちらです
Amsterdam↔Tokyo note project (1)
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2013/11/06/2820/
Amsterdam↔Tokyo note project (3)
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2014/08/18/3178/
Amsterdam↔Tokyo note project (4)
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2015/02/05/3308/
Amsterdam↔Tokyo note project (5)
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2016/03/29/3550/
Amsterdam↔Tokyo note project (6) part1 from Suzanne’s page
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2016/08/30/3614/
Amsterdam↔Tokyo note project (6) part2 from my page
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2016/08/30/3651/

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2017/03/27/3722/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
Amsterdam↔Tokyo note project (7) part1 from Suzanne’s page from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > Amsterdam↔Tokyo note project (7) part1 from Suzanne’s page

検索
フィード
メタ情報

Return to page top