Home > アーカイブ > 2015-02

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

2015-02

Amsterdam↔Tokyo note project (4)

  • 2015-02-05 (木)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

オランダ在住のアーティスト、スザンヌ・ノリスさんとのMUJIノート交換日記
プロジェクトの4回目のレポートです。
*成り立ち紹介のブログ「Amsterdam↔Tokyo note project (2)」はこちら
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2014/06/09/3086/

The 4th report of Amsterdam↔Tokyo note project with Suzanne Norrise who is an artist and living in Amsterdam.
I introduced about our exchange picture diary by MUJI notebook project in detail on my blog
Amsterdam↔Tokyo note project (2)
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2014/06/09/3086/

今回、間に個展などがあり、私が手元に長〜く置いてしまったのでかなり期間があいてしまいました。
This time I’ve kept MUJI notebook on my hand for a long term as an excuse to have an exhibition….

私の前のページにはスザンヌの森を歩く美しいオオカミが描かれていました。
そして私の次のページの閃きはこのオオカミをトレースすること。そこから下絵のイメージをふくらませました。
そして出来上がったのが一番上の画像の絵です。

A beautiful Wolf that walks through the forest was painted on previous page by Suzanne,
and I flashed an idea into my mind to trace her Wolf on my page, and I did it.
After that I developed my new image. And then I finished up the top photo’s picture.

スザンヌのオリジナルの絵には私のページの森とリンクするように青い木々を描き加えました。
雪深い森でオオカミは鹿のマスクをかぶっています。足元には血が・・
果たしてかれは春を告げる赤ずきんを何を思って見つめているのでしょうか・・。
友達になりたいのか・・それとも・・・。
彼女もなにか不安を感じているようです・・。

I put blue trees on Suzanne’s page because I wanted to connect her forest with my page’s forest.
The Wolf is wearing a deer mask with a little blood on his foots.
We are uncertain what he has in mind…….
He would like to become a friend with her?…or….
She seems to senses some tension about his presence….

さて、そしてもう一冊のスザンヌから届いたノート。
今回は画面いっぱいに繊細に描かれた蛾の数々!!

Well, Here is Another One I received from Suzanne.
Beautiful variety of moths were drawn on it!!!!

前の私のページをめくってみると・・梅の木の枝にはこれから蛾になるであろう
芋虫がいっぴき描かれておりました。

And I realized that a purple caterpillar was painted by her on japanese plum’s branch in my previous page! 🙂

そう、私達の交換絵日記は「No Rule」お互いがお互いのページに何を書き加えてもよいのです。
そしてそのコラボーレーションを今お互い楽しんでます。

So, we can always draw (paint) anything on each other pages freely. Because our rule is “No Rule”. 🙂
And I feel we are enjoying its collaboration now.

このノートを受け取ってからかなり日がたったある日・・何気なくページがめくっていると
一匹の蛾が目に飛び込んできました。
スザンヌはこっそり他のページにも蛾を描き込んでいたのでした。
それはまるで秘密を発見したような愉快な気持ちに私をさせてくれたのでした。

One day It’s been a while since I received this note from Suzanne,
….suddenly a moth jumped to my eyes when I casually turned pages.
So she secretly drew it on a different page.
It made me amused as if I discovered a secret!

さて。次はなにを描こうかな。
Well, what I will make next one.

他のシリーズはこちらから。
Amsterdam↔Tokyo note project (1)」、
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2013/11/06/2820/
Amsterdam↔Tokyo note project (3)」
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2014/08/18/3178/

Home > アーカイブ > 2015-02

検索
フィード
メタ情報

Return to page top