Home > Blog > 北海道への旅 1 小樽の街 - Summer Holliday in Hokkaido –

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

北海道への旅 1 小樽の街 - Summer Holliday in Hokkaido –

  • 2011-07-27 (水) 1:11
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H


<小樽は昔の建物が多く残ってます。ここでランチしました>
<We can still find a pleasant old building in Otaru city>

遡ること台風が来る1週間前、そう、ちょうど東京が猛暑に
見舞われていた頃「涼」を求めて北海道へ行って参りました。
といっても訪れたのは小樽界隈と札幌界隈。意外と局地的な
旅でした。

We went to around Otaru and Sapporo in Hokkaido 2 weeks
ago to escape from HOT Tokyo. So Hokkaido locates
in the northernmost part of the Japanese Archipelago.


<ガラスで有名な街らしく壁の装飾も美しいガラスで>
<A wall decorated by beautiful glass crafts >

夏の北海道は実は初めてです。
今回は小樽の街について。
小樽の街はかなり昔に冬のスキーツアーのついでに行ったきり。
有名なガラス製品やオルゴール館などを見つつ思い出を確認。
自分が大人になったことも再確認。
おそらく年月が経つうちにかなり観光地化されたのかなぁ。
有名な運河は雪景色の方に1票。


<オルゴール館>
<Orgel Museum>


<そして運河界隈>
<around canal>

This time, I’d like to mention about Otaru city which we
visited first. There are historical architectures in Otaru.
and the town is known for glass crafts.


<古い町並み>

昔はにしん漁で栄えたそうで、その当時たてられた
通称「にしん御殿」旧青山邸と小樽貴賓館にも足をのばしてみました。


<美しい庭を持つ旧青山邸>


<そして小樽貴賓館ーこちらは最近建てられrました>
<the “herring”palatial house>

Otaru thrived on netting herring in the past.
We visited the palatial house which was built at that time.

毎年お正月に海の幸を送って頂いているお店が小樽にあります。
今回お店の方とついに初ご対面しました。
ものすごく温かく良い方でなんだか嬉しくなりました。
今が旬の食材を選んで出してくださいました。
日頃あまり日本酒は飲まないのですが、今更にして初出会い。
ウニと日本酒ってすごく合うんですね。感動しました。
北海道は食材も美味、人も温かく優しくて、しかも夏は涼しい!
そして何より美しい大自然がある。
夏の避暑地の定番にしたいくらい好きになりました。


<東京ではあまりお見かけしないシャコ。映画「第九地区」の
クリストファーに何となくにてる・・・もちろん美味しかったです!>
<”Squilla” is rarely seen in Tokyo. I thought it looked like Christopher
from the movie “District 9” (Don’t you think so Myles?)
Of course Christopher was so delicious. >

There was one restaurant (Japanese style) which we visited this time.
We are buying form them “delicious” foods from the sea every New year.
At last we could meet an owner of this restaurant first time.
He was so gentle and kind man. He chose for us some sea foods
those are in season. It was so delicious sea urchin especially!
I realized belatedly that sea urchin and Japanese sake are prefect marriage .
In Hokkaido, the food was delicious,people were kindness and it’s cool in summer!
and what’s more, they have The beautiful natural scenery.
I come to like Hokkaido enough to visit every summer.

ちなみにシャコってゆでられる前だとこんな感じです。
結構美しい?
(これは以前中目黒で撮影しました)
<Living Squilla>

コメント:4

Myles 11-07-31 (日) 18:33

Poor Christopher! After all his adventures, this is how it ends…
Well, at least he was delicious!!! 🙂

Sad Prawn

sakurasnow 11-07-31 (日) 19:42

M & I laughed (and cried a bit 😉 when we heard how delicious Christopher was!
Sounds like you had a wonderful holiday – the old buildings in Otaru city look beautiful (and such a handsome seagull!)

Yoko.H 11-08-02 (火) 1:00

<Myles,
Sorry Christopher! Your sorrowful photo touched my heart….
I attached on my blog your brave figure (not boiled!!)
for your honor’s sake.
However Myles, after all he was so delicious!

Yoko.H 11-08-02 (火) 1:05

<sakurasnow,
It makes me cry when I think of Christopher.
I’ll mention about beautiful nature in Hokkaido next my blog. 🙂

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2011/07/27/1909/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
北海道への旅 1 小樽の街 - Summer Holliday in Hokkaido – from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > 北海道への旅 1 小樽の街 - Summer Holliday in Hokkaido –

検索
フィード
メタ情報

Return to page top