Home > アーカイブ > 2011-03

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

2011-03

そして再び ~and then~

  • 2011-03-28 (月)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

色々な感情が織り混ざったり、物理的な状況により、
なかなか地震前のように仕事が手につかない日々が続きましたが、
再び自分のなすべき仕事を再開していいます。
自分に今出来ることをしつつ、自分の仕事もきちんとしてゆきたい。

My work was not progressing as much as I had hoped by mixed feelings
and physical circumstances in recent weeks.
And I’ve started my own job again.
Now I want to think about what I can do for victims, and at the same time
I think I‘d like to do my work to be done faithfully.

工房が休みの月曜日には家でできる作業をしています。
例えば今日はアクリル画を描いてます。
一筆一筆に集中できること、それは癒しになります。

My studio is closing on every Monday, so I’m working
my job that I can do in my house. For example,
I’m painting today. Concentration on my work heals myself.

明日の神話 ~Myth of tomorrow~

  • 2011-03-21 (月)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

岡本太郎作「明日の神話」
<Taro Okamoto “myth of tomorrow”

明日の神話」は原子爆弾が爆発する瞬間を描いた絵です。
凶悪にむくむくと広がるキノコ雲、中央で炎に包まれる恐ろしい骸骨、
燃えながら逃げる人間や動物、毒々しい赤い色彩が画面を
横切り画面全体から不幸なオーラを放っています。

“myth of tomorrow” is a painting depicting an explosion of an Atomic bomb.
The clouds which are expanding furiously, a horrible skeleton who is enveloped
in flames at the center, burning people who are fleeing,
lurid red which cuts across the picture,….
It’s emitting an unhappy aura from the whole picture.

“Myth of tomorrow”
http://www.japantrends.com/okamotos-myth-of-tomorrow-at-home-in-shibuya/

岡本太郎の遺作として2003年9月メキシコで発見されたこの絵は
以後日本に戻り修復作業を終え2008年11月JR渋谷駅と井の頭線
渋谷駅を結ぶ連絡通路に恒久設置されました。

In Sept. 2003, This picture was found as Taro Okamoto’s
posthumous work in Mexico. After the restoration work was done,
it was permanently hung on accessway between Shibuya station
of JR line and Shibuya station of Inogashira line in Nov, 2008.


<中央で不気味に燃える骸骨>
<center burning skeleton>

私は渋谷から井の頭線で一つ目の神泉に住んでいます。
つまり私は毎日のようにその日からこの絵の前を通らざる
を得なくなったのです。
岡本太郎の生き様や、作品を嫌いではないけれど、私は
この作品を当初からどうしても好きになれませんでした。
この巨大な絵からはとてつもない不吉なオーラがでています。
今日を明るく頑張ろうと目的地に向かっていてもこの絵の前に
来ると否応なく不幸な気持ちにさせられます。忘れては
ならない辛い過去を毎日のように必ず思い出させられるのです。
原爆の恐怖。
私はなるべく絵を見ないですむように、この絵の近くに来ると身構え
下を向いて足早に通り過ぎることにしていました。

I live in Shinsen it’s next to Shibuya station of the Inogashira line.
So, I have to through in front of “myth of tomorrow” almost every day.
I don’t hate Taro Okamoto’s life and his works though, I can’t like
this picture from the beginning.
A monstrous ominous aura is given off from this huge picture.
Even if I was going to my destination with a happy and positive heart,
when I came at this picture, I was forced willy-nilly to feel unhappy.
It reminds me of a terrible past which we have to remember.

A fear of Atomic bomb.

I always walked with my head down when I came at here because
I didn’t want to see it.

ここを毎日通る人はほとんどがマークシティか井の頭線の利用者に
限られています。
設置場所に明らかに誤りがあったと思っています。この絵は美術館
など目的を持ってこの絵を見に来てくれる人が見る場所に飾られる
べきでした。一定の人だけが日々通る場所でなく。

I’m thinking that they(organizer) got the wrong installation site
for this picture, because only certain people can see it like me.
“myth of tomorrow” should have been displayed at an appropriate place
where people purposefully come to see, that kind of museum.


<平日でも人で溢れている原宿も閑散としています>
<Harajuku where is always full of tourists is quiet >

そして今、私にとってこの絵はまるで不吉な予言のようにみえます。
地震や津波で大きな被害を受けた被災者の方々、そして暖房を切り
節電し、募金や物資を送り復興に共に協力し合おうと力を合わせる
人々。どんな自然災害にもきっと私たちは手を取り合って立ち向かえる、
日本はそうして歴史を作って来た国だから。でも放射能は
そうした人々の必至の努力や善意や思いやりを、住むべく大地を、
奪い取ってしまう・・。皮肉なことに、
人間が作ったものに対して私たちはなすすべを知らない。

And now, I’m feeling that this picture is like a evil prophecy.
Victims who had gotten a serious damage by earthquake and Tsunami,
people who join hands to help victims by making donations,
saving electricity and donating everyday goods.
We will endure and conquer any natural disaster.
However, called radioactivity, the horrible monster eats up all
bloody effort, good intentions and compassionate mind of the
people, and wrests everything from us forever and ever.
Ironically, we are unprepared for human-made disaster.


<午後2時なのにJR原宿から明治神宮前の静まり返る地下道。>
<at 2p.m. in going quiet underground passage
from JR Harakuku st. to Chiyoda line Meijijingumae st. >

今、自分の生命をかけて原発の事故現場の復旧に当たって下さっている
方々がいます。その方たちのお陰で、今の私たちは明日の一日
一日をかろうじて暮らしてゆけてるということを忘れてはいけません。

Now, there are people who are performing reconstruction work in
Fukushima Daiichi nuclear plant at the risk of their lives.
We must never forget that we can barely lead a life
one day at a time thanks to their sacrifice.

今回の大災害を海外の友人達がサポートしてくれています。
いつでもそばにいて協力するからとメッセージをくれました。
そう、大丈夫、けっして独りじゃない。

友人達のブログです
sakurasnow
Passage Paradis

My friends in overseas, they are supporting us.
Thank you “sakurasnow“,”Passage Paradis“, for your
deep compassion and concern.
People all over the world are thinking of us always,
so, everybody, you’ll never walk alone!

地震・・・massive earthquake…

  • 2011-03-14 (月)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H


<my room…but please don’t worry it has already restored>

皆様大丈夫でしたか?

I hope everyone was safe….

私は工房にいたとき地震に遭いました。
築50年のぼろい木造家屋の工房はなんとか倒壊を免れました。
それにしても経験したことがないゆれでした。
あれで東京震度5強なんて・・・。

When the earthquake happened, I was in my studio.
It was old wooden house though, fortunately our studio didn’t collapse.
It was unbelievably big big big earthquake.

しばらくみんなで身を寄せ合って余震に堪えつつ工房で待機
してましたが、その後私は徒歩で帰宅しました。

I went back to my home by walk because all trains in Tokyo
had completely stopped. A lot of people were walking toward
their home. Tokyo was horrible traffic jam.


<messy room >

帰宅してみたら家の中はめちゃめちゃな事になってました。
食器類は棚から飛び出して部屋中に粉々に散乱。引き出し
冷蔵庫など開く物は全部開いてその重さで家具ごと傾いて
なし崩し的に物が飛び出しており、本も本棚のうえの物も
ぐちゃぐちゃに飛び出てる状態・・・。
最初は動揺し途方にくれていましたが、その後テレビをつけ、
被災地の信じがたい惨状を目にして気持ちが変わりました。
物が壊れたりめちゃくちゃになったりしたことくらいなんでもない。

I lost most glasses. Every things were scattered all around the place,
and furniture moved.
First time, I was upset to see our room became so mess.
However after that, when I knew unbelievable great damage of earthquake center area
(it’s not one point, it’s over a wide range) from TV,I got a big shock and felt deep sadness.
Then my mind changed. Terrible room was really small matter.

被害に遭われた方のことを思うと心が痛みます・・・。
皆様や皆様のご家族がご無事でありますように。
そして早く被災者の方が救出されますように・・・。

I can’t accept though, a lot of cities on the east pacific side were destroyed
and had disappeared by huge Tsunami.
I feel pain my heart when I think about all victims and I’d like to pray for all them….
And hope that all sufferer are rescued.

地震から3日が経ちました。でもまだ私たちは渦中に
いるのだと思います。
再び来る可能性がたかい余震、津波に最新の注意を払わなければなりません。
電力不足による部分停電も計画されてます。

Now, after the third day from horrible earthquake.
I think we’re in the midst of an ongoing process.
Partial black out is planned In the Tokyo metropolitan area
at different times from today by electric power shortage.
For this reason, some train lines toward Tokyo city are stopping this morning.
Now we appealed each other to save electricity.
The government predicts the occurrence of a one big aftershock.

However I’m believing we will be able to restore by helping each other!

皆でできることをして、団結してこの苦難を乗り越えられれば・・・。
「節電」します!


信じたくないけれど起こってしまった事実

I can’t believe though, the fact what happened.

冬と春の狭間で – between the Winter and the Spring

  • 2011-03-07 (月)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H


<伊藤若冲の雪中錦鶏図>
<Jakuchu-Ito’s art work>

今日は朝から雪が降っていますね。
It’s been snowing since morning today.

春と冬の狭間らしく、ここのところはものすごく冷え込む日
と春めいた日が混ざり合ってる感じですね。でもまだ寒い日
80%って感じですが。それでも光の明るさや鳥の鳴き声は
日々の春の訪れの気配を感じさせてくれてます。

Now the season exactly is between the Winter and Spring.
Most days are still so cold, however I can find the sigh of
the Spring from place to place.

寒いのが嫌いな割に雪が降ると一気にテンションが高まる私。
どうかこのままつもるといいな・・と世の中の迷惑も顧みず
念じたりしてます。でも湿気を含んだ都会の雪は積もっては
すぐ消えて行く思わせぶりな雪ばかり。
雪景色を激写しにカメラ片手に一人旅(といっても都内)なんて
目論みもなかなかかなう感じじゃないです。


<春を告げる梅は満開です>
<Japanese plums which marks the coming of Spring are in full bloom now >

寒い中でも春化はぐんぐん進んでいて、この時期は梅の美しさ
に目をとめています。
Especially, Ume (Japanese plum) is beautiful at this time.


<可憐な梅の花>
<pretty Japanese plum flowers>

私は前々から梅の木のフォルムが好きです。花が、といより
あの枝振りがすぐれたデザインをしているのです。
I like the shape of Japanese plum tree.

<梅の枝振りのデザインは秀逸です>
<I think the brunches design of Japanese Plum is superb.>

古来からの絵師のこころをくすぐる気持ちがよくわかります。
So, I deeply understand that Japanese Plum “Ume”
have grabbed ancient painters heart.


<歌川広重の「亀戸梅屋敷」>
<Hiroshige Utagawa “Kameido Ume yashiki”> 


<鈴木春信の「夜の梅」>
<Harunobu Suzuki “yoru no Ume”>


<伊藤若冲 「雪梅雄鶏図」>
<Jakuchu Ito “setubai yukeizu”>


<狩野山雪 「老梅図」>
<Sansetsu Kano “robaizu” meaning old plum >

太い幹の大胆な太い筆でガガっと描いたような枝振りと
細い枝の繊細な雨のすじの様な枝振りが絶妙にからみあった
感じがなんとも言えません。花は枝のフォルムを生かすように
「隠すなんてとんでもない」と言うそそとした感じで咲いて
います。絶妙なバランス。
梅ばかりは日本家屋が一番似合うとおもいます。


<日本家屋とベストマッチです>
<I think that Japanese house and Ume are the best match.>

制作への思いより時間の進み方がはやい今日この頃。
工房の開いている時間とやれる作業は限られているので
最近は睡眠時間をへらすことで新たな時間を捻出しています。
なんて書くとかっこいいのですが、
「春眠暁を覚えず」睡魔が私のやる気を凌駕するんです〜。
Time is passing faster than my working plan.
Recently, I’m thinking I should cut out sleeping.
However….”In spring one sleeps a sleep that knows no dawn.”
Sleepiness outstrips Willingness….

さて、今日の雪「つもらない」と天気予報は言ってたけれど、
だんだん窓の外は白くなる・・工房はお休み、絵を描くべき
だよ、カメラ片手に出かけている場合じゃないよ。
でもこれが最後のチャンスかもよ〜。と天使と悪魔がうしろで
ささやいてます。
しかし写真などをアップする作業をしているうち雪は小降り
になってきました・・。
午後は机に向かって制作に励みます!天使の勝ち!

I love snow landscape, so if there is much snow on the ground,
I threw down my artist’s material and might go out to take some
snow picture with my camera.
Devil said me “let’s go out together! Snow is so beautiful!”
Angel said me “No, you should stay at home and do what must be done!”
Devil or Angel…..
Eventually, While I wrote this blog, the snow changed to rain.
Angel won.

今年は激写できなかったので、2008年の大雪の時の明治神宮の写真を1枚どうぞ。
Finally, I couldn’t take some snow picture this year (maybe),
I attached a snow Meiji shrine photo in 2008.

Home > アーカイブ > 2011-03

検索
フィード
メタ情報

Return to page top