Home > アーカイブ > 2010-11

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

2010-11

芸術の秋

  • 2010-11-18 (木)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H


<松本里美さん展覧会DM>
<satimi matsumoto exhibition DM>

芸術の秋到来です。

It’s thought in Japan that Autumn is the best season
for art.
I’d like to introduce my friends exhibition today.
I helped and will help to display 2 of them.
When I see copper plate printing works of my friends,
I can feel that there is always more to learn making
copper plate printing.

今日は友人関係の展覧会や、最近見つけたすてきなアーティスト
をご紹介します。

先週日曜日、今週日曜日と友人の搬入お手伝いしました&します
予定です。最初のご紹介は先週お手伝いした


<松本さん会場風景 1>

松本里美さんのグループ展「essential spirits 」

松本さん初め、ジュエリー作家の方の展覧会です。
この時期にふさわしいクリスマスをテーマ題材にした版画作品、
「柳模様の物語」の原画連絡など、華やいだ作品が会場にならびます。
松本さんはこの柳模様のシリーズにてギャラリーハウスマヤにての
装画コンペ審査員特別賞を受賞したという実力の持ち主。会場で
物語りを追いながら作品を鑑賞することができます。


<松本さん会場風景2>

2010年11月15日[月]−11月20日[土]
時間=12:00-19:00
最終日17:00まで

表参道画廊
東京都渋谷区神宮前4-17-3 アークアアトリウムB02 03-5775-2469
http://www.omotesando-garo.com/index.htm

地図
http://www.omotesando-garo.com/intro/index.html

もうひとつ今週末搬入お手伝いさあせていただくのは
同じく工房の友人、中井絵津子さんの個展
「 platform 」


<中井絵津子さん個展DM>
<etsuko nakai exhibition DM>

ターミナルに入っていく列車。どこかの星なのか、迷路のような
不思議なその世界に、作品をみれば列車とともに入って行けるはず。
私と同じ伊東屋さんのギャラリーでの個展です。恐竜や小さい人たち
中井さんの絵の中にたくさんの発見があります。かわいい街をみに
いかれてみてはいかがでしょうか。私も搬入お手伝い。がんばるぞ!

●2010年11月22日(月)〜11月29日(月)(2010.11.13)

中井絵津子展 “platform”
日・祝/10:30am〜7:00pm
月〜土/10:30am〜8:00pm 最終日は5:00pmまで

銀座ITO-YA 8F ミニギャラリー
東京都中央区銀座2-7-15
TEL 03-3561-8311
http://www.ito-ya.co.jp/

最後の一つは残念ながらもう終わってしまったのですが、
前に工房にいた溝上幾久子さんの個展
「mizokami icuco EXHIBITION」


<溝上幾久子さん個展DM>
<icuco mizokami exhibition DM>

国立のアートスペース88にて行われていました。


<溝上さん会場風景>

ちょうどご本人が在廊できない日に行ってしまったので、
お話できなかったのですが、その世界にまた魅了されてしまいました。
溝上さんの作品は毎回心を刺激されます。何ともいえない強い引力が
あり私は本当にひきつけられてしまうのです。線の抜き差し、版の腐食
の抜き差し、その間や空間の抜き差し・・全てに銅版画の魅力が込めら
れているとお思うのです。
構図のセンスも抜群です。今回版画をコラージュしたドローイング
作品が展示されてました。ちょうどコラージュ作品の構想
(実現させるかは別として)を練っていたこともあっておおいに刺激を
うけました。静かで力強くて素敵でした。

同じ銅版画作家さんの作品に触れるとつくづく銅版画の奥深さを
感じます。私などはまだ入口にしかいないような気持ちになるのです。
友人達の素敵な作品に刺激を受け、さて自分の制作に励まねば!

<番外編>

最近発見した素敵なアーティストをちょっと紹介。
And, at the end.. I’d like to introduce one artist who made a strong impression me.
Recently, I discovered him coincidentally in the internet.
I think that I’m glad that now is age of the internet.

Vladimir Kush というロシア人の画家です。


<vladimir kushの 作品>

幻想的な世界を描いてます。その画力は超絶ものでそれだけに
非現実的な世界に説得力をもたせてます。
世界は広くて、まだまだ知らない素敵な画家の人がたくさんいる
んだな・・ネット時代で良かった。
こんな風に突然インターネット上で出会うことができるのだから。

Home > アーカイブ > 2010-11

検索
フィード
メタ情報

Return to page top