Home > Blog > miselable inks

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

miselable inks

  • 2010-03-12 (金) 17:25
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

これが銅版画インクの特性から来るものなのか何なのか。
たとえフランス製であろうと日本製であろうと、銅版画インクは
すぐにボディ崩壊を起こします。そしていつもラップでぐるぐる巻き
になるインク・・。

Even if those are made in Japan or France,
etching inks turn into miserable shapes soon.
I have to tie up a wound with plastic wrap always….

コメント:4

ぢんのおぢさん 10-03-13 (土) 7:01

やっぱり、青と緑が一番減ってる?

sakurasnow 10-03-13 (土) 21:14

Even though they are messy and broken I like the way they look – well-used and somehow more alive than a brand-new tube of ink 🙂
Hope you’re having a good weekend!

Yoko.H 10-03-15 (月) 16:22

<ぢんのおぢさん

最近は徐々に平均かしてきましたが、そうです!やっぱり
青と緑は一番減ってます。ターコイズブルーは缶で買いました。
ですが、おフランス製のクォリティゆえか密閉度にかけていて
上層部分から徐々にインクが固まりつつあります・・・。
これならぶち壊れてもチューブ買いのがましか?悩ましいです〜。

Yoko.H 10-03-15 (月) 18:01

Hi Sakurasnow!
Actually, so do I.
But,about some inks, the names of those color have disappeared completely, so I always have to gaze at the ink’s color out of the tube for a while.^_^;;

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2010/03/12/1120/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
miselable inks from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > miselable inks

検索
フィード
メタ情報

Return to page top