Home > Blog > 蓮の海

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

蓮の海

  • 2009-08-11 (火) 1:49
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H


<蓮のつぼみは美しいです>

先週の早朝、工房の友人3人と上野不忍池に見頃になった
蓮の花を観に行きました。
<Shinobazu-pond>
http://en.wikipedia.org/wiki/Shinobazu_Pond
今回はせっかくなので、写真満載でゆきます。

I went to see lotus flowers that now is the best time
to view to Ueno Shiinobazunoike with my friends at
early morning last week.


<あたり一面、蓮の海です>
< There are lotuses as far as the eye can see.>

蓮の花は早朝から午前中にかけて開花してまた閉じてしまう
とのことで待ち合わせは上野に朝の7時!!
「ひ〜〜・・」
夜型の私には緊張の待ち合わせ時間です。先に着いてた
蓮とならぶとコロボックルのようなNさん、早起きなら任せて、
のSさんと無事合流。その後「奇跡の早起き」を果たしたAちゃん
とも無事合流し、池を目指しました。


<早朝の不忍池はまだ白鳥ボートもお休み中>
< Swan boats are still in the land of dreams in early-morning park.>

ここには冬に来たことがあります。
その時はかれた棒状の蓮の茎が池にびっしりと立ってました。


<冬場はゆりかもめのオアシス 蓮は立ち枯れ状態に>
<same place of winter.
Here is the oasis for migratory birds in the winter.>

冬場は飛来したゆりかもめや鴨がすっかり餌付けされ
人間にこびを売る・・という今とは全く違った様相を呈して
いたのでした・・季節で本当にかわりますよね。
その時の模様はこちらでルポしてます。
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2008/02/19/230/


<葉っぱのおいしげりぶりにびっくりです>
< Leaves sea are spreading.>

そして今回目にした池はあの時とおなじ場所とは思えない
程の青々とした蓮の葉の海が広がっていたのでした。
うーん生命の力。予想を超える圧倒ぶりです。
目当ての花はその間から葉に寄り添うようにぽつぽつと
可憐な姿をのぞかせておりました。


<常に葉と寄り添うように花は咲いていました>
<flowers and leaves cuddle up each other always.>

蓮の花は開く時に「ポンッ」という音がする、という噂があり
ますが、それはどうやらウソなのだとNさんから聞きました。

というわけで池はひっそりと静まり返ってます。
開花した花はお釈迦様の台座(お座布団)と言われています。


<台座と言われて納得の大きさです>
<It’s said that lotus flower is the cushion of Buddha.>

初めて見る満開の蓮の花は想像以上に大きくて荘厳でなるほど
これならお釈迦様も座れるね・・と納得しました。
つぼみも咲きかけも満開も、更には水辺に落ちた花びらも、
どの状態の花もすべて心を惹き付ける魅力がありました。


<途中の茶屋にはまねきねこがいました>
<There was a Maneki Neko (welcoming cat) at the cafe on the way.
* A maneki neko is the decorative figure of a seated cat, with one
of its front paws raised to invite people in.>

早起きしてよかったね、挫折しなくてよかったね、自分。
いいかも早起き。早起きはなかなか気持ちがいいです。

4人で池をまんべんなく回り、心行くまで写真をとりました。
最後は池の中腹にある弁天堂でお参りして開運招福お守りが
ついてくるおみくじを引いて花見の会は終了となりました。


<弁天堂の横の龍の彫刻>
<The Dragon at Bentendo.
We drew sacred lots here.>

私が引いたお守りは「六瓢箪」というひょうたんのお守り
でした。「無病に通じ出世飛躍を授ける縁起物」とあります。
嬉しいです。さっそくお財布にいれました。

気がつけば2時間以上経っていました。
予想に反して9時半を回って見渡す池は更にたくさんの花が開花
して華やぎを増してました。
蓮の華やぎと反比例して後ろにはここに住んでいる、と
おぼしき皆さんがベンチをベット代わりに所々でまだ眠って
います。なかなかギャップのある光景でした。これがあるので
女子一人はあまり早朝だと怖いかもしれません。
みんなで行きましょう。まだしばらくは花期を楽しめます。

花を十分満喫したあとは公園を後にし、これまた信じられないくらい
閑散としている朝のアメ横で4人でお茶しながらしばし休息しました。
ガールズトークは楽しいです。
その後私以外の3人は上野動物園ツアーに旅立ってゆきました。
楽しそう・・ですが、用事がある私は残念ながらここでさようなら。

はじめて咲き誇る蓮の花を観に来てみました。
花も葉も咲き終えた後のガクもどれもその形に惹き付けられました。


<ガクもまた魅力的>
<After finishing to blossom is also magnetic.>

以前にも蓮の花の絵を描いたことがありましたが、また新たな
インスピレーションを得られそうな気がしたのでした。


<私の銅版画の蓮の花です>
<This is My etching work of lotus.>
http://www.yoko-hayashi.com/zenphoto/index.php?album=celticforest&image=003.jpg

コメント:5

猫ママ 09-08-11 (火) 6:22

うわぁ~~、素敵。
やっぱり上野は凄いんですね。
この間千鳥が淵を通りかかったらやっぱり蓮が一杯有りました。
でも午後だったので割いているところは見れませんでした。
一人で行くのは一寸??ですか??
私は単独行動が多いので駄目かしら??
早起きにはかなり自信があるんですけど。

昔、インドのカシミールで湖上に浮かぶハウスボートに泊まったのですがやっぱり蓮が一面に生息していて朝それはとても綺麗でした。
ポーン、ポーンと言う開花の音が聞こえてきそうな幻想的な世界でした。
その時、音が鳴らないのねって気付いたのですけれど・・。
今は民族間の紛争で観光客は入れなくなったみたいですけれど。

蓮、見に行ってみたいです。

猫ママ 09-08-11 (火) 6:24

字、間違えました。
割いている→咲いているでした。
すんません。

地震凄いですね。

Yoko.H 09-08-11 (火) 9:38

<猫ママさん

正にこの中にボートで入ってゆけたらどんなに素敵だろう!
と思っていたのでした。そう言う体験をされたのですね〜。
羨ましいです。神聖な感じがしますよね、やっぱり蓮は。
上野は一人で危険というと・・この時期はわりとあさから
カメラかかえた人がたくさんいるのでそれほど危険では
ないと思います。私たちが行った7時過ぎはそんなかんじでした。
9時すぎともなれば観光客もでてきて更に人が増えてました。
でも、それ以上はやい時間5時とかくらいはちょっとわかりません。
やはりこの時期なら人が結構いるかもしれません。
ねぐらにしてる方は確かにいっぱいいるにはいたので・・。
でも一度観るとやみつき?になりますよね。

sakurasnow 09-08-18 (火) 16:47

What an amazing sight!
The lotus flower in all its forms – bud, full bloom, and seed pod left at the end of flowering – is so lovely.
I also love the photo of the same place in winter – it’s completely different but equally beautiful!

Yoko.H 09-08-18 (火) 23:13

< Dear Sakurasnow >
bud, full bloom, seed pod…
That’s exactly the words I mentioned in this blog!
I feel the same way as you.
The lotus are so beautiful every moment.
I fantasized that if I could take a boat out lotus pond 🙂

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2009/08/11/648/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
蓮の海 from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > 蓮の海

検索
フィード
メタ情報

Return to page top