Home > Blog > マイケルとバブルス

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

マイケルとバブルス

  • 2009-07-02 (木) 1:11
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

Man in The Mirror

昨日はYさんが工房に持って来たマイケル・ジャクソンCDをBGMに
作業しました。マイケルへのオマージュです。
全盛期の頃のマイケルのPVをみてると本当に神がかっていて、
たぶん彼を超える人はもうそうそう出ないだろうなぁ・・
と改めておもうのでした。
工房ではマイケルが来日した際に、ライブに行った人がかなりいることが
判明。あらゆる音楽好きのジャンルを超えてマイケルは君臨していたのでした。
そう言う私はライブこそ行かなかったですが、PV集のビデオを持ってました。

日々工房にてもみんなからちょっとずつマイケル情報が寄せられます。
未だに話題に上り続けるマイケルはやっぱりすごいです。

その中で昨日の私のピカイチ目からうろこ情報はこれです。
私は今までずっと、マイケルは夫唱婦随のごとく共に過ごしていた
バブルスが死んでしまったことにより、心を閉ざしてしまったの
ではないか・・と推測していたのでした。
そう思い込んでいたので「バブルスさえ死ななければきっとマイケル
も変わらずにすんだのに・・・」とつぶやいたところ、Sさんが
「え?バブルスは生きてるんじゃないかな多分。それにたしか
マイケルが自ら手放したんだと思うよ」というではありませんか!
びっくりしました。新鮮に驚きました。
マイケル何故?どうして?あんなにかわいがってたのに。

その後、工房帰りSさんとイングリッシュパブでフィッシュ&チップス
をつまみにエールビールを一杯飲んで帰って来て
日記を書きつつバブルスについて調べようと思っていたら、
絶妙のタイミングでSさんからメールが届きました。

タイトルは「バブルス君は生きていた!」更にもう一通
「大人バブルス君」も届きました。そこにはネット情報が
そえられてました。正にツボなかゆい所に手の届く記事でした。
記事によれば、バブルス君はマイケルの子供が生まれてから
嫉妬するようになり、凶暴化したことにより、マイケルも手放さ
ざるをえなくなったのだそうです。
・・・そうだったんだね、マイケル。
きっと辛かったろうねマイケル。

バブルス君は今ハリウッドエンターテイメント業界を卒業した
チンパンジーと幸せに隠居生活をおくっているのだそうです。
「大人バブルス」の写真の印象は
・・・・いや、あのなんていうか・・・
「道であってもわかんないよぅ」、な
野生の力を感じる迫力ある写真でした。

これは教えていただいた情報。
「バブルス君は生きていた」
http://getnews.jp/archives/20424
「大人バブルス」
http://wildmelanie.blog66.fc2.com/blog-entry-1314.html

We worked at our etching studio with the Music of Michael Jackson yesterday.
That’s the “hommage” to him.
Even now, we are talked about Mickael Jackson everyday.
We all like different music each other though,
I knew that his music was loved by eveybody.
Of course, me too.
I don’t think anybody can outdo his performance.

I thought Bubbles (which is Michael’s pet) already died.
When cherished Bubbles died, Michael shut his mind.
I was thinking like that.
But one of studio’s friends said,
” Maybe Bubbles is still alive, and Michael abandoned him.”
…..Longtime my theory was overturned.
After that, she sent some news about that.
Bubbles is still well! (That’s sounds good.)
And I knew Michael tearfully gave up Bubbles.
R.I.P.

コメント:1

****** 17-02-11 (土) 23:30
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2009/07/02/595/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
マイケルとバブルス from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > マイケルとバブルス

検索
フィード
メタ情報

Return to page top