Home > Blog > ホットドッグ

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

ホットドッグ

  • 2009-02-13 (金) 11:44
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

昨日のランチはパンのチェーン店、神戸屋で食べました。
ここにはよくきてます。昨日も買い物の後立ち寄りました。
いつも混んでいてなかなか席が取れないこの店では、
必ず店員さんが「ただ今お席が混んでますが、大丈夫ですか?」
と聞きます。これは暗に「もうお席はとってますか?ますよね?」
と質問してるに等しく、何度か来てる客はまず席を確保
してからトレイと皿をとりパンやサンドウィッチを買う列に
並ぶのでした。

昨日私が見つけた席は”いまいち”な場所にありました。
大抵の場合、小さなスケッチブック片手に下絵の案をねったり
する私にとってより良い環境に座る事は創作意欲向上のために
必要不可欠です。ですが、そうも言ってられないのでとりあえず
このいまいち席に手荷物の食料品袋などを置いてパンを買いに
行きました。
フルーツサンドとロイヤルミルクティーを買って戻ってくると
私の中では結構ランクの高い席が空いているのが目に入りました。
私はパンの乗ったトレイをその良い席に置き、最初に確保して
いた席から食料品の荷物を持って来て移動しました。

しばしフルーツサンドを食べながら、下絵を描いたりして
ランチを楽しんでいました。こうなると意識がそちらへ
集中し、気がつけば30〜40分あっという間に経っている
こともしばしばです。昨日も多分それくらい経っていたと
思うのですが、ふと顔を上げると斜め前の席のテーブルの
上に透明ビニールに包まれたホットドッグが置かれている
事に気づきました。トレイも皿もなく直おきです。
ちょっと不思議でした。例えトレイを持たずに並んでもパン
を買えばたいていお店の人がトレイや皿に乗せてくれるのに
・・しかも席をとっているのなら最初から買いに行くべき
パンが置かれているのも変です。
変だと思いつつもまたスケッチブックに顔を戻しそんなことは
忘れ下絵を描いていたのでした。
そしてまた十数分後、顔をあげるとまだそこにはホットドッグ
ひとりぼっちでたたずんでいました。客はみな誰かが席を
とっていると思っているのか誰も座りません。ドッグを置いて
いるはずの本人の気配さえありません。
テーブルの上の直おきホットドッグ・・・。
さすがに気になりだしました。
その後も誰もテーブルに近づく気配はありませんでした。
食事を終えた私はトレイを返却する時に一瞬店員さんに
その「謎のホットドッグ」の事を告げようかとも思いました
が、もし誰かがあえて置いているものだったら・・という
考えが頭をよぎりそのまま店を後にしました。

そしてもうその事を思い返す事もありませんでした。
家に戻るまでは・・・。
ランチの後、私はbunkamuraミュージアムに美術展を
観に行き、家に帰って来た時にはもう夕方になってました。
帰宅後、神戸屋に立ち寄る前に買った食料品などを
冷蔵庫に入れたり整理していたとき、ある事に気づきました。
サンジェルマンというパン屋さんで何種類かパンを買っていました。
その中のホットドッグがなくなっているのです。
なんで??どうして?ホットドッグどこ行った????
・・・ホットドッグと言えば・・・
その時いきなり走馬灯のように神戸屋でのシーンが頭の中を
かけめぐりました。

むき出しのホットドッグが置かれていた私の斜め前の席。
あの席は、私が最初に確保した”いまいち”の席ではなかったか?
あの時私は確か、イスに食料品袋をテーブルの上にサンジェルマン
の袋を置いて神戸屋でのパンを買うため並びに行ったはず・・。
戻って来てより良い席を見つけトレイをそちらに置いた後、
すぐさま食料品袋とサンジェルマン袋を取って移動しました。
その時・・・・ホットドッグが袋から落ちた!?
そんなアホな事があり得るんでしょうか?そして例え落ちても
テーブルのど真ん中に落ちたホットドッグに気づかず見逃すなんてこと
あるんでしょうか?いや、信じられないけれど・・・
「あるんです」
としか言いようがありません。

あのテーブルの上の傍迷惑なホットドッグは私のものだったのです。
ショックです・・もったいない・・・
私の大事な(370円位した)サンジェルマンのホットドッグは
あの後どれくらい敵陣神戸屋に一人たたずんでいたのでしょうか・・
かわいそうに。
見つけた店員さんにとってもかなりミステリーだったと思われます。
神戸屋店内にのテーブルに置かれたむき出しのサンジェルマンの
ホットドッグ・・・。
これは何かのメッセージか?はたまた挑戦状か?状態です。
電車賃をかけて取りに行くのはより大きな損失とあきらめた私に
とって、せめて皆様で食べてくれてれば救いになるのですが。
・・・食べませんよね、怖すぎて。

神戸屋の店員さんとお客様の皆さん、そしてホットドッグさん
ごめんなさい。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2009/02/13/456/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ホットドッグ from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > ホットドッグ

検索
フィード
メタ情報

Return to page top