Home > Blog > 飛べないのは・・・鴨だけじゃなかった?

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

飛べないのは・・・鴨だけじゃなかった?

  • 2008-02-19 (火) 10:51
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

rimg0111.jpg

一週間以上たってしまいましたが、先々週の週末、湯島天神に
梅を見に行きました。すでに「梅祭り」と称して境内で梅見が
出来る模様です。ですが、行ってみるとこの冬の寒さのためか
まだ殆どの梅が、ちっちゃいつぼみを堅く閉ざしていたのでした。
残念・・と思いきや意外な発見がありました。神社やお寺の彫刻
フェチの私の心をくすぐる色とりどりの彫刻がそこかしこに・・
急遽目的変更で、彫刻を撮影しまくったのでした。

rimg0073.jpg

そんな私の聖地はもちろん、日光東照宮です。ですがこの辺の
くだりはまたの機会に(話すとながくなります)

rimg0098.jpg

私はかねてより梅の枝に心惹かれているのですが、ここの枯れた
梅の枝の奇想なフォルムにもかなりハートをつかまれました。
境内の梅園、小規模ですが、低木の梅の枝が怪しく視界に広がる様
はみていて飽きないのでした。

rimg0102.jpg

目的の梅の花が見られなかったので、そこからほど近い、
上野の忍ばずの池まで足をのばしました。

rimg0122.jpg

すると、いました。噂の「飛べない鴨軍団」しかも色々な種類
の鴨がいりまじって、もう縄張りもプライドもかなぐりすてて
人間が「かわいい〜」なんて手を伸ばそうものなら(私のように)
おしりをふりながら物怖じもせずに近づいてくるのです。

rimg0139.jpg

・・・私は・・・ゆびを噛まれました・・・。
ちょっとえさをよそおって指を一本だしてみたのでした。
痛くはなかったです。鴨の態度はあきらかに、
「けっなんだよ指かよ!まぎらわしい!」みたいな感じでした。
ちょっと寂しかったです。そしてなれすぎてます。
すると横でさらなる人だかり、ならぬ鴨だかりが。
その中央には王様のごとくシニアな世代のおじさまが一人。
左手には「ソフトサラダ」せんべいを袋ごとかかえていまいす。
群がる鴨。ソフトサラダせんべいを砕いて巻くおじさま。
そんな、塩味の強い揚げたせんべい食べたら、飛べなくなるよ!
私は心の中で叫びました。事件は現場で起きていました。

がしかし、だまっててもえさをくれる彼らの社会にも新たな
生存競争があったのでした。のろまな鴨をあざ笑うかの
ように空から舞い降りるゆりかもめ軍団。両者真剣に
ソフトサラダせんべいを奪い合ってます。その中央には
悦に浸るおじさま。おじさまの寂しさはいやされるかもしれませんが、
あきらかに、脂っこいジャンク菓子は野鳥の体をメタボにしています。

rimg0146.jpg

忍ばずの池の柵に寄りかかるとすぐにゆりかもめが近くに舞い降ります。
最初はかわいいなどといってましたが、別に人なつこくかわいさを
アピールしてくれているのではないことはその後のサラダせんべい
おじさんの出現で明らかになりました。そうは言っても、愛くるしい
その姿はやっぱりかわいいので思わず写真に収めました。集まる彼ら。
その目は語っていました「写真とらせてやるから、せんべいくれ」と。

その後も広い池のあちこちで人間の勝手な餌付け大会が・・・。
これじゃぁ飛べても帰る気がうせるかもしれません。

その後は上野東照宮を目指しました。
でも今日はこの辺まで。

コメント:2

朝子 08-02-24 (日) 14:12

:roll:オーーー! 素敵な梅の枝っぷりですね!
突然の書き込みで失礼いたします。

梅は好いですのう!! 
大人になってから、梅の木の魅力が解るようになりました。

そして鴨くん。鴨を飛べなくなるほど太らす奴ら。。
ゆるせん! のんびりやの鴨たちに、ジャンクフードを与えないで~!
こないだ、私の家の近くの公園でも、まったく同じ光景に出くわしました。
意地汚いゆりかもめが、さながらヒッチコックの映画のように
空中を飛びながら、人間に餌を貰おうと顔のまわりに群がっていて、
我先にたかろうとする様に腹が立ちました。

その足下の水面で、鴨たちはウロウロ。。
悲しくなりました。

Yoko.H 08-02-24 (日) 22:13

梅の枝はなかなか芸術的だよね〜!
本当はこの週末、咲いているだろう梅をみに湯島天神
リベンジしたかったのだけれど、この嵐のような天気に
断念しました。

そして鴨。やっぱりスナック菓子はよくないよね。
池の水も汚れるし。鴨だろうとゆりかもめだろうと
必要以上な餌付けは生態系を壊す元だと思う。
どうしてもあげるなら管理組合などが、ただしいエサを
買わせるなどしてオーガニック系のものを与えるべき
だと思うんだけれど・・・。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2008/02/19/230/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
飛べないのは・・・鴨だけじゃなかった? from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > 飛べないのは・・・鴨だけじゃなかった?

検索
フィード
メタ情報

Return to page top