Home > Blog > 江戸の空はどこまでも広く・・・

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

江戸の空はどこまでも広く・・・

  • 2007-09-07 (金) 1:02
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

前回の日記の続きです。
芸大美術館「金刀比羅宮 書院の美」展の同時開催
「歌川広重 名所江戸百景のすべて」展 を観ました。

image309.jpg
<堂々とした美しい「千住の大橋」>

これら広重の浮世絵はすべて芸大の収蔵品なのだそうです。
大学創立120周年を記念して修復を終えての展示という
ことでどの作品も発色よく、見応えありました。
正直最初は「浮世絵の風景だけずっとみて面白いものだろうか・・・」
などと思っていたのですが、数点観ただけで、それは余計な
杞憂だと気付きました。

なにより惹き付けられた理由は、実際にある(いや「あった」
と書くべきでしょう)場所の風景画であったということでした。
次々に視界に入ってくる情緒ある江戸の自然、街並を眺めて
いるうちに、本当に四角い窓から覗き込んでいる様な気持ちに
なりました。もちろん広重の構図力が窓へ導く強い引力に
なっていたことは間違いありません。100点は圧巻でした。

ですが「江戸」の魅力に浸ると同時になんともいえない切ない
気持ちに心が満たされました。それもあって窓を覗き続けず
にはいられなかったのだと思います。
作品の殆どが今から150年程前に創られたものでした。
それまでの江戸幕府以前からもずっと続く自然溢れるこの美しい
世界を現代人はたったの150年で跡形もなく無味乾燥な世界に
変えてしまったのだと思うと切なさ、痛さ、皮肉さなど色々な
感情が湧いてきました。一言で言うなら「もったいない」が適切
なのかもしれません。
いくら戦争や地震があったとしても、もう少しうまく復刻する
ことはできなかったんだろうか・・・とヨーロッパ等を翻って
みると(彼らは歴史的建造物をよく完全修復してます)思わず
におれません。

image310.jpg
<今は目黒→恵比寿間のマンション密集地「目黒千代か池」>

江戸には美しい湿地帯や滝や山、崖、河川、橋、海がありました。
作品のあちこちに富士が描かれてます。
実際こんなにも江戸から富士が見えたのだろうかと思ってしまい
ますが、今でもあちこちに「富士見ヶ丘」や「富士見橋」
「富士見坂」などがあることを思えばそれは嘘ではないのです。
その他、東京のあちこちに残るやや大げさ?と思ってしまう地名
もこの頃の風景をみるとやっと納得できます。
広重が描く江戸の空はどこまでも広く、少しの高台で視界は
遥か向こうへ飛んでゆくのでした。
なくしてしまったものは大きすぎます。

image311.jpg
<「王子不動之瀧」戦後北区の滝野川中学校建設に伴い姿を消した>

ゴッホやゴーガン、モネに強いインパクトを与えたと言う
浮世絵。会場では実際彼らが触発されて描いた作品と浮世絵を
並べて比較して見られるようにもなっていて興味深かったです。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2007/09/07/137/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
江戸の空はどこまでも広く・・・ from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > 江戸の空はどこまでも広く・・・

検索
フィード
メタ情報

Return to page top