Home > Blog > クラシックが呼んでいる

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

クラシックが呼んでいる

  • 2007-08-10 (金) 16:35
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

image266.jpg

引っ越してはや2週間になろうとしてます。
うーん・・・でもまだまだ片付きません!
いかんせん前が倉庫状態で住んでいたので、新しい
収納家具を買わない限り物が収まり用ないのでした。

といいつつもこの週末は今夜から実家に帰ります。
お盆だからというよりは、所属している地元のアマオケの
定期演奏会がこの週末の日曜日にあるからです。

そこで今更ながら、あやしい所をさらってみたりしている
ギリギリガールズな私です。
今年は、家族の中の唯一私のクラシック応援団の祖母が
体調を崩し、こられなくなってしまい本当に残念です。

クラシック音楽が大好きな祖母は私が演奏会にでる年は必ず、
すごく楽しみに聴きに来てくれていたのですが、先月突然
手足が効かない状況に陥ってしまって、介護施設にお世話に
なることになってしまったのです。
95歳という年齢を思えば、いままであまりにも元気
だったのかもしれませんが・・
入所する際に、あんなに大事にして毎日ソナチネを練習して
いた電子ピアノを「陽子ちゃんにあげるからね」と母に言付け
たと聞いてとても寂しくなってしまいました。
施設はとても環境が整っていて、リハビリなども毎日して
くれる所のようなので、私からは「おばあちゃんがまた
弾いてね!」と伝えてもらい、しばらくは祖母の家で祖母の帰り
をピアノは待つことになりました。
来年、きっと祖母が来られると信じて、私の方こそ演奏会
でられるといいなぁと思う今日この頃です。

というわけでこちらが
所属オケのウェブです。
ご近所でしかも「お盆もう暇で暇でなんとかして〜。のだめ
読んで少しクラシック好きになりました」というあなたは
どうぞお越しをお待ちしております(笑)
ちょうど交響曲はのだめでもおなじみの
ブラームスの交響曲第一番です。

http://www.geocities.jp/windmill_orchestra/

写真はいまさら必死の図(でも今は休憩中・・・)
((それで必死といえるのか?))

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2007/08/10/125/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
クラシックが呼んでいる from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > クラシックが呼んでいる

検索
フィード
メタ情報

Return to page top