Home > Blog > スーパーエッシャー展

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

スーパーエッシャー展

  • 2006-12-18 (月) 10:15
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

image099.jpg
bunkamuraでやっている「スーパーエッシャー展」に行ってきました。
最も行っては行けないと思われる週末土曜日に行きましたが、案の定
非常にこんでおりました。
在庫があるか不安だった音声ガイドは豊富にあり、しかも無料と言う
太っぱらぶり。機種は今流行のニンテンドーDS。

という訳で解説付きでエッシャーワールドたっぷり堪能しました。
それというのも、非常な混雑故、全く進まないので、必然的に一つの
絵の前に3分〜5分くらいいることになり、時には絵と絵の間の壁なんか
もじっくりながめ、これを前向きにとらえれば、エッシャーの彫り
さばき、ビュランさばきを気兼ねする事なく細部にわたるまで
観察できたということになりましょうか。

人でいっぱい→進みが滞る→驚異的倒錯ワールドの緻密な絵→
じっくり鑑賞(ときどき音声ガイド)→人が溢れ代える→
進みが滞る→驚異的倒錯ワールドの緻密な絵・・・
会場はエッシャー的無限地獄が展開されさながらパフォーマンスの一部
のようでした。

初期の、風景画などは普通の風景画ですが、それ故にエッシャーの画力
のすごさがつたわってきました。どうもエッシャーは南イタリアの風景を
心から愛していたようで、それ以外の、自国オランダを含むヨーロッパの
町並み風景には味気ないものしか感じる事ができず、ファシズムが台頭して
以来、イタリアに行く事が叶わなくなってより、自身の心象風景を描く
ようになっていったそうです。
言われてみれば、エッシャーが描く階段がいっぱいあるまるで崖っぷちの
海辺にたっている四角い箱を積み重ねた様な、不可思議な家々は南イタリア
の海辺によくある風景を思わせます。

一つの画面に飛ぶ昼の世界の鳥と夜の世界の鳥、平面の中に無限にはめこま
れた魚と鳥、4次元にも5次元にもなってる家。上から落ちる滝が落ちる先は
滝の最上部。一つの階段を永遠に上り続ける人々と降り続ける人々が回歩
している絵。その不可思議な世界は渋滞や混雑が起きても致し方ないと
納得の、吸い込まれる倒錯世界です。コンピューターがない時代にこれほどの
立方体や平面を無限に組み合わせられた彼は数学的天才だったに違いありません。
エッシャーがこの世界を描いた当時も美術的注目よりも数学や心理学者達が
彼の描く世界に多大な感心を寄せていたそうです。

私が大好きなヒロエニムス・ボッシュの作品をリトグラフに起こした作品
もあり、ちょっと感動しました。エッシャーはこの中の女性のモチーフ
が気に入っており、自身の作品の中にもその後何度か登場させてました。

エッシャーは数多くの生物をモチーフとして描いていますが、自身の
数学的理論に基づいた新種の生物も創造して作品に登場させてます。
48語もの長い学名を持つトカゲの様な体を持ち人間の足が6本ついた
つぶらな瞳を持つ生物はオランダ語のニュアンスをそのまま訳すと
「でんぐりでんぐり」という名前だそうで、エッシャーの作品の中では
階段部分は6本の足を駆使して上り下り、平地ではアルマジロのように
まるくなりキャタピラのようにグルグル回って進んでいます。
とてもキュートで私は一目惚れしてしまいました。
image103.jpg
よくできたフィギア「でんぐりでんぐり」
image102.jpg
平地を歩く時はこのように丸くなります。

一つおもしろい試みの部屋がありました。
エッシャーの無限ワールドを画像として3Gのように映し出している
その部屋では、4つの画面があり、うち3つは直接画面に手をふれると
指の方向どおりにエッシャー生物が動きます。矛盾のない無限世界は
CG処理しても完璧に再現できているのでした。残る1画面は「深み」
という作品を画像に起こしたものです。トビウオが前後左右上下に
直線に規則的に並んだ絵ですが、カメラがあらゆる方向からその絵を
眺めるような視点で映像ができていて、三面鏡を覗き込んだ時の様
なワクワクする不思議な無限が矛盾なく映し出されていました。

混雑も手伝ってミュージアムを出た時には2時間もたっていました。
出てからの重要なお楽しみが一つ。
300円でエッシャーフィギアが買えるガチャガチャの販売機が
設置されているのです。「ガチャガチャ」というときめきプレミアム
付きで面白フィギアがゲットできるのですから購入必至です。
そして出て来たのは一番欲しかった「でんぐりでんぐり」!
う・・嬉しい!おみくじで大吉にあたったような気分です。

エッシャー好きならぜひトライしてみてください。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2006/12/18/43/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
スーパーエッシャー展 from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > スーパーエッシャー展

検索
フィード
メタ情報

Return to page top