Home > アーカイブ > 2006-10

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

2006-10

版、返る

  • 2006-10-30 (月)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

そうなんです、先々週の木曜日に私は大事な制作済みの3版刷
内の1枚の版を無くしてしまったのでした。Oh My God!!

先々週の木曜日、問題の版を工房で刷ろうと思って家で探して、
ふと、先日工房で刷り増ししたのだからそのままおいて来た事を
思い出し、工房に到着。マップケースを開けてみたら・・・
ほらやっぱりありました。よかったよかった。

でもまずもっと時間のかかる作品から刷ろう・・・と思い、
別の版からとりかかり刷り終えた、2時間半後、ではいよいよ
お次はあなたの番だよ、と自分のテーブルすみに目をやるとそこに
例の版がない。・・・確かにマップケースから取り出した所までの
記憶があるものの、それから後の記憶がないんです。
無意識の行動だったのか、心ここにあらずだったか、いやとうとう
ボケが始まったか・・・。
とにかくここに無いのなら後はマップケースの上の吸い取り紙が
置いてある共用の台か、実はマップケースからとりだしてなかった
とかしかありません。いやもーぼけてるかもしれないしね。

が、しかし、初動捜査では何れからも発見されず。いよいよ
私もマジ顔です。最初は一人無口にテンパって探してるものの、
さすがに「あれー」とか「ないなー」なんて言葉を連発されれば
周りもいやでも異変に気付づかされます。優しい皆に心配されて
とうとう、版紛失をカミングアウトしました。
皆も色々と誘導尋問してくれます。
「マップケースの中は全部探した?」「エプロンのポケットは?」
そうですななくした版は10センチ角程の小さいやつ。
道具箱も、マップケースも、ロッカーも吸い取り紙の間も、
作業台も、トイレの中だって探しました。最後は友人も手伝って
くれてゴミ箱までも探しましたが、どこにもない。
何故?どうして?疑惑の銃弾・・ミステリー・・・。

でも人間の記憶や自信なんて曖昧なもので、あまりにも探して
ないとなると「本当は家にあるとか?」と言われると急に自信
が無くなって来るのでした。さんざん「今日工房で見た!」と
主張してるものの、もはやそんな自分自身も疑いたくなって
くるような状況です。工房も終わりの時間を迎え、やむなく
「捜索願」の貼り紙をし、今日居合わせた友人にもメールして
とぼとぼと家路につきました。家についてからも一人後退催眠
状態で、色々な想定を勝手に作っては新たに探すところを考え
たりしました。私が工房に行ってない日にも関わらず、私の
一人想定を聞いた友人がわざわざ工房を再捜査までしてくれて、
もう本当に有り難い事この上なしで、皆様の温かさが伝わる
のでした。

そんな憂鬱な中、パン屋さんでパンを買った時の事、おつりを
もらってポイントカードももらって。悠然と微笑み場を立ち去ろう
とした私に店員さんが一言「あの・・お客様、お品物・・・」
はっ!おつりだけ貰って帰ろうとしてますよ私。もうこうなると
増々、自分の脳みそに自信がもてない〜、その日帰って改めて
家で版を探したのは言うまでもありません。

がしかし、とうとう先日の土曜日、私に吉報が舞い込んできま
した。無くした当日工房にいあわせたMさんからで、私の
メールを見てまだ見つかってない事を気にかけてくれていたようで
まさかね・・・と思いつつ自分のマップケースをみてくれたので
した。そうしたら、そう、そのまさかですよ〜まさかだった!(涙)いやしかし何故そんな事が!?という訳で我々の推理では、
私がうっかり吸い取り紙の台の上に版を置き忘れた。Mさんの
マップケースはすぐその下にあり、その日何枚かの版を一度
まとめて吸い取り紙の上に置きその後しまったのだそうです。
どうやらその時に私の版も一緒にMさんのところへ回収された
のだろうと・・それしか考えられません。でもとにかく、よかった
そしてわざわざ掃除までしてマップケースみてくれてありがとう!
Mさん。そしてよかったよ、ボケてませんでしたよ私。
おめでとう自分。→実はこれもかなり不安なポイントだった。

Mさんが私のマップケースに戻してくれてるとの事なので、明日
感動の再会をします。そして今度Mさんに会ったら熱烈にハグさせ
て貰おうと思っている私なのでした。
みんな親切に気にしてくれてありがとうね!
そしてどんな時もnever give up&Do my best(女長島と呼んで
下さい)は大事ですよ。と新たな教訓になりました。

フンデルトヴァッサーと軽井沢の休日

  • 2006-10-16 (月)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

ヴァッサーの家
中は撮影禁止でしたが、入り口付近の模型は
撮影し放題!vivaヴァッサー!!

メルシャンの醸造所
メルシャンはウィスキーをマジメにつくってますの図

軽井沢の窓辺
窓からの風景はイギリス風(美術館ではありません)

刷り増しの日々続く中、個展以前からどうしても観たかった
フンデルトヴァッサー展を観る為に先週(8日、9日)連休を利用して日曜、月曜と
軽井沢に行ってきました。

初めてヴァッサーの作品に触れたのは結構最近の事で、私のお気に入り番組、
テレビ東京の「美の巨人たち」で紹介されたヴァッサー建築「フンデルトヴァッサーハウス」
を観た時でした。
今から2年以上前の事です。そのときの感激はかなりのものでした。
微妙にいびつな形やカラフルなタイルの色使い。壁面の
ディティールに描かれた生物類、そしてなによりあらゆるテラスや
屋上からにょきにょきと生える植物や木々などに一目惚れしてし
まったのでした。私も住みたい!そんな家に。状態です。

表参道の洞潤会アパートが取り壊され、新しく商業施設件住居が建ちましたが、
私は以前からもし洞潤会後に建物が建つなら、ヴァッサー建築の様なものが建ち少なく
とも住居の一部がアーティストレジデンスになってくれればいい
なぁなどとあり得ない現実とは知りながらも切に願ったものでした。
そうすれば表参道の街の個性はより際立ち、豊かな個性を吸引
する原動力になったことでしょう。

とはいえ、70年代にオーストリア、ウィーンに建てられた市の
集合住宅のかの家も当時のリベラルな市長が依頼したとは言え、
その奇抜な様相(以前にはなかった建築)から反対が相次ぎ
着工から9年の時を経てやっと建てられたとのことです。
日本でも観られるヴァッサー建築、大阪市の市営のゴミ処理
施設も、アート的側面は全く無視され「税金の無駄遣い」問題
としてテレビに取り上げられてるのをみるとちょっと寂しいもの
も感じるのでした。

今回、軽井沢メルシャン美術館では元々は画家であるヴァッサー
のペインティング作品、版画作品、タピストリーと併せて
建築物!といいたところだけれど、「の模型」が観られました。
画家としての作品も素晴らしくて、建築物と呼応するカラフルな
色のマーブル状の世界が心を魅了します。加えて図版などでは
絶対にわからなかった画面のマジックを堪能しました。金銀に
加え、カラフルに光るラメ状場の箔が押された版画は観る角度
によって表情を全く変え、立ったりかがんだりして作品をみている
うちにある事がふと頭に浮かびました。
ヴァッサーは日本の浮世絵の版画師たちに協力をへて数々の
木版画もつくっていたり、日本人の奥様がいた事もあって
日本美術への造詣が深い。角度により表情を変える箔の使い方
は伊藤若冲展の時に観た屏風絵の多種多様な金箔銀箔の使い方
を思い起こさせました。

若冲展にて屏風絵の部屋はあえてガラスの間仕切りを排除し
日の出から日没までを模したライティングをしていたのでした。
そうすることで光の当たり方により様々な様相を呈し、変化して
ゆく箔が描画物に命を与える効果を引き起す様をみごとに再現こしていたのでした。

ヴァッサーのカラフルな箔を観ていて、ふと彼もどこかで
日本古来の屏風絵を正しい見方で鑑賞したのではないだろうか、
という思いが鑑賞中ずっと頭を支配しつづけました。

メルシャン美術館ということだけあって、醸造所見学なども
できたりして、一度そちらを見学してから再入場(同じ日なら
なんどでも再入場できます)して、ゆったりじっくり作品を
堪能しました。連休にもかかわらず、かなりすいていて
じっくり作品を観られて幸せでした。

2月に東京日本橋のデパートにも巡回するらしいですが、
もしすごくヴァッサーがお好きなら東京から1時間ちょっとで
行ける(美術館まではもう少しかかります)軽井沢で
11月12日までやっているこちらの展覧会を是非におすすめ
いたします。
東京でのこの手の展覧会はどうしてもドロドロ血並みの人ごみ
になること必至です。規模もおそらく縮小すると思われます。

それにしても軽井沢、空気が本当にきれいだった。
日頃ガソリンや薬品まみれの空気を吸ってるので肺が洗われ
ました。住んでも良いとさえ思えました。
いや、冬の厳しさは未体験です。すぐ気が変わるかもしれません。

個展終わって宴の後

  • 2006-10-02 (月)
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

無事土曜日に搬出して、個展を終える事できました。
昨日は余りにも疲れてしまい、一日呆然としておりました。

火曜日と水曜日のお昼時以外はお天気にも恵まれて
たくさんの方に絵を観ていただけて、純粋に嬉しいです。

東京新聞の「インフォメーション」コーナー(読者がだれでも
応募できる)に個展案内を載せてもらえたらいいなぁと、3週間
くらい前にDMを送っていたのですが、まったく載る気配もなく、
そのうち個展も始まり、目まぐるしい日々にすっかり新聞に目も
とおさず、その事さえ忘れていた金曜日(終了二日前)から
急にギャラリーに「新聞を観たのですが」との何本もの電話が・・
最初は「?」だったのですが、電話してくださった方に逆質問
してどうやら残り2日の所で絵つきで載せてくださったことが
判明しました。
その写真だけ観て絵を買いに来てくださった方もいたりして、
あらためて「新聞」というメディアの力を思い知ったのでした。
2日だけだったとは言え載せていただいたよかった・・・。
しかしなぜそんなに遅く?いやできればもう少し早く・・・。

期間中、たくさんの方に感想やコメントをいただきました。
そして専門家としての貴重なアドヴァイスもいただきました。
その多くの言葉はこれからの制作の糧となる事と思います。
頂いた言葉を自分の中でいかに昇華させて行くか、それは
新しいアイディアにも繋がるだろうし、一方で消して失っては
行けない個性との融合にもなって行くだろうし。
自分自身も楽しみです。
描き続けている以上、絶対に作品は変化、進化して行く
ものだと思うし、そうありたいと思っています。

次の個展がいつになるか、まだ全く未定ですが、その時に
良く成長した作品を発表できるよう、また制作の日々に戻ります。
あっ、もちろんその前に刷り増しや絵の発送致します!!

ありがとうございました!

Home > アーカイブ > 2006-10

検索
フィード
メタ情報

Return to page top