Home > Blog > 銀座

ようこそ「Celtic Forest」へ

1999年より銅版画を作り始めて以来、ケルトの森をテーマに制作をしています。
多くの秘密や伝説を内包しているケルトの神話、国を持たなかった民族の知恵と信仰、ドルイド、木の暦、口承民話などは私を強く惹き付けました。それらからインスパイアされたケルトの世界は私の中で新しい森をつくり広がっていきます。
Yoko Hayashi

銀座

  • 2006-09-20 (水) 10:54
  • Blog
  • 作成者:Yoko.H

先週末でとうとう最後の作品を作り終え、今週からは、個展の準備態勢に突入です。
過去二回程個展を経験してはいますが、今回は初めてのギャラリーです。
場所も今までの青山から銀座へ。昨日初めてギャラリーの方と打ち合わせをしました。
え?遅すぎる??そうなんです、わけあってというかいきちがいでというか、
いままで打ち合わせできずにきたのでした。ここで壁に釘が打てない事が初めて発覚。
天上の高いギャラリーなので脚立に載ってフックをかけてピアノ線で絵を吊るさねば
なりません。さらに鍵締めもここでは毎日するとのこと。すでにちょっと緊張気味です。

おもえば今まで個展をしたギャラリーハウスマヤさんでは甘えっぱなしだったので、
自己努力を殆どしないできたことを改めて痛感します。
そう、私にとっては初めて自分で並び準を考え飾り付けする搬入です。
さっそく判断力と観る目のある友人を搬入助っ人としてお願いした私でした。
DMにしても今回初めて多少の自己努力せねばと、銀座の数カ所のギャラリーや画材や
を回ったりしました。友人が個展を開いていたり、又は開いたギャラリーだったり、
オーナーが良い方だったりと幸運が重なってどこも快く置いて下さって、
改めてこういう努力ってしてみるものだなぁと痛感します。
まだこれから経験する銀座での個展ですが、早くも街それぞれで特色の違い
があることが伝わってきます。青山界隈はやっぱりイラストレーターの方中心
売り絵というよりは、仕事として作品をプレゼンするような傾向が強く、
銀座はきっと、画家や作家として作品を売るということが主流で、その中でも
きっと(私にはまだよくわかってませんが)様々な「住み分け」があるのでは
ないかと・・・。

後数日で搬入です、今日は・・・キャプション作りやらなにやらこまごまとした事を
家でやる予定。

コメント:2

モリユ 06-09-23 (土) 20:41

林さん、おつかれさまです!!
もう来週からだよね、個展。
ホントにあっという間だよね…。
林さんの繊細で美しい銅版画に出会えるのを
楽しみにしています。
後ひと頑張り!

Yoko.H 06-09-23 (土) 23:43

<モリユさん

どうもありがとう。
今日無事、搬入を終えて帰ってきました。
土曜日祝日の銀座は人通りも多く、なかなか環境は
よさそうです。あさってからまだ細かい準備は残って
ますが、大掛かりな搬入が終わってちょっとホッとしました。
工房のポップな作家Hちゃんと、ギャラリーセンスのいい
A子ちゃんに手伝ってもらって本当に力強かったです。
モリユさんも大阪個展お疲れさまでした。
お忙しいとは思いますが、是非いらしてくださいね。
月曜6時頃からミニミニオープニング(軽くワイン&チーズ)
予定です。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.yoko-hayashi.com/archives/2006/09/20/15/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
銀座 from Celtic Forest - Yoko Hayashi

Home > Blog > 銀座

検索
フィード
メタ情報

Return to page top